十日市の賑わい

画像
さいたま市の氷川神社で十日市(大湯祭)が開かれました。
画像
この神社の参道は全長2キロにもなります。神社に近い位置には露店が沢山並びます。
画像
画像
受験合格祈願のだるまでしょうか
画像
十日市は毎年12月10日に、氷川神社で行われるイベントです。 当神社の神事「大湯祭」に合わせて行われる伝統の酉の市で 縁起物の熊手や食べ物などの露店が約1,300店も立ち並び、福をのぞむ多くの人々でにぎわいます。
画像
氷川神社,三の鳥居
画像
大小さまざまの熊手が売られます
画像
売れるとシャンシャンと手締めが行われます
画像
この熊手はいくらになるのでしょうか
画像
画像
画像
古い熊手はお焚き上げが行われます 夜遅くまで老若男女で賑わいました 

長瀞 船玉まつり 花火大会

画像
ドンッ という腹の底に響くような音とともに上がる花火
画像
長瀞駅 8月15日、埼玉県長瀞で船玉まつり 花火大会が開かれました
画像
万灯船 今年は大雨が降ったと言う事で長瀞の水量が多く万灯船の運航はありませんでした。 これを見に行ったのに残念! 船下りの船頭が水上の安全を祈願して水神様をお祀りしたのがその始まりとされています。
画像
1千基の灯篭が流されました。
画像
画像
花火を待つ岩畳の人たち。この辺りは足の踏み場もないほどの混雑になりました。
画像
90分ほどの間に約3000発の花火が打ち上げられました。
画像
画像
仕掛け花火も
画像
見ている人も大喜び
画像
打ち上げられたのは尺玉、ひときわ大きな音とともに打ち上げられ巨大な光の輪が広がり大きな歓声が上がりました。 動画でご覧ください

大正時代祭

 JR与野駅周辺を大正時代の雰囲気で彩る「与野停車場通り第十五回大正時代まつり」が28日、西口通りで開かれました。
画像
 チンドン屋による祭の宣伝、軍人やモダンガール、芸者などの衣装を着た仮装パレードや、地域通貨「十銭紙幣」が使える模擬店も出店し、家族連れやアマチュア写真家らで大賑わい。  このまつりは大正元年11月1日の与野駅開設80周年を記念して、91年から始まったものです。  周辺に大型商業施設が進出するなか、住民同士の交流と商店街の活性化を図ろうという趣旨で地元七自治会と商店街による実行委員会の主催により行われました。  仮装パレードは県内外から80人が公募参加した目玉イベントで軍人や鹿鳴館の貴婦人、はかま姿の女学生などに扮した男女が観衆に笑顔で手を振り、あちこちで記念撮影する姿が見られました。  このようなイベントには毎回参加しているという常連さんも見られ、芸者姿の女性は「沢山の人に注目されるのがいいですね、これを着るとおしとやかになります」と言っていました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
※このビデオは11月15日(水)放送    NHK首都圏ネットワーク「みんなのビデオ」で紹介されました。   

幻想の世界 猪俣百八燈

猪俣百八燈は埼玉県美里町で旧盆の15日に小高い尾根に築かれた百八の塚に火を灯す幻想的な火祭りです。
画像
<親 塚>
  これは武蔵七党のひとつ猪俣党の棟梁及びその一族の霊を慰めるものと伝えられています。 「百八」は人間の百八の煩悩を滅して先祖の霊を供養する事から来ています。
画像
<火を灯す尾根>
この行事は猪俣地区の子供達により執行されます。 当日の夕刻寄せ太鼓の音を合図に参加者が個々の名入れの提灯を持って寺の高台院に集まり親方の合図で猪俣一族の霊に拝礼します。
画像
<集まった子供達>
道行き太鼓、笛を先頭に提灯の行列で山の尾根を目指します。大きな塚に点火されると辺りが明るく照らし出されます。 そして麓では闇の小道を沢山の提灯が一条の光の列となり揺れ進みます。
画像
<提灯行列の出発>
提灯行列が尾根に到着すると提灯を高く差し上げます。 太鼓の響きの中で親方は二手に分かれ百八の塚全体に火が灯され長い火の列を作り上げます。
画像
<火の列>
  猪俣の塚信仰は村に入った悪い病気や天災等の災いの元となる悪霊を村外に追い払おうとするものです。  
画像
<遠くから見た火の列>
  この火の行事が終わると7時半頃から花火大会が行われ花火が打ち上げられる度に大きな歓声が上がりました。 ※このビデオは31日(木) NHK一都六県 ビデオレターで紹介されました。

鷲宮神社の夏越祭(なこしさい)

鷲宮(わしのみや)神社は、出雲族の草創に係る関東最古の大社と言われています。 この由緒ある神社で7月31日,夏越祭が行われました。
画像
 夏越祭は、1年を半年づつに分けてその前半が終わる日に災厄を祓うために行うものです。 古くから「鷲のなこし」と呼ばれています。  境内で茅の輪くぐりをし人の形をした紙(形代)に願い事を書いて託します。そして夕闇迫る頃、歩いて20分程の中川まで馬2頭を含む白装束の行列が太鼓を叩きながら進みます。  田園地帯を進む行列は一幅の時代絵巻を見るようです。  到着すると川岸で雅楽の演奏や巫女の舞が舞われ船上から形代を流す形代流しが古式にのっとり行われます。  また日中は神楽殿において伝統的な鷲宮催馬楽神楽の奏演も行われました。
画像
画像
画像
画像
鷲宮神社 HP

世界一ジャンボ雛壇 

 人形の産地、さいたま市岩槻区で「2006 人形の街 岩槻祭り」の一環として人形仮装パレードと人間によるジャンボ雛壇のイベントが実施されました。
画像
 雛人形に扮して市内目抜き通りをパレードし区役所前の特設会場に向かいます。
画像
 高さ8m、巾10m、奥行15mの世界一のジャンボ人間雛壇を作りました。 暑い夏に雛人形に扮するのも大変だったと思います。
画像
 そしてこのジャンボ雛壇上で今年11月に結婚するカップルの仮想人前結婚式が行われ多くの人の祝福を受けました。
画像
夏の暑さを忘れる雅なひと時でした。  (飯豊連峰縦走の山旅のため暫くお休みしました)

奇祭・どろいんきょ

今各地で夏祭りが行われています。 お祭りは多種多様ですが、ここ上尾市平方の八枝(やえだ)神社で行われる「どろいんきょ」まつりはユニークなお祭りです。
画像
神酒所となっている農家の庭に水をまきそこで掛け声と共に白木作りのいんきょ御輿を泥だらけにして転がすものです。
画像
「どろいんきょ」の由来は良く分かっていませんが疫病退散、五穀豊穣を祈願し古くなって隠居した御輿を転がし泥だらけにしたからという説が有力です。
画像
見ている観客やカメラマンも大変!御輿をひっくり返す度にバシャッと泥水が跳ね上がり、かけられてしまいます。 泥水をかけられる事を覚悟で行かなければ見物できません。
画像
1時から始まりお神酒を頂きながら6箇所程を回り9時半頃祭りを終えます。 ※このビデオは8月9日(水)NHK首都圏ネットワーク、「みんなのビデオ」で紹介されました。

ブルーフェスティバル

ブルーフェスティバル  ラベンダーとハナショウブの青をイメージした花のお祭りです。
画像
さいたま市北方の田園地帯に花の名前を冠した菖蒲町があります。 この役場周辺にラベンダーが3万5千株ほどが植えられ、芳香を放っています。 ラベンダーの青は深い海のような青です。
画像
ここのラベンダーは13年前役場前のグラウンドに侵入する車を防止しようと堤に植えられ株数を増やし、整備されて今ではラベンダーの観光地になりました。 7月上旬まで見られるそうです。  
画像
隣接の菖蒲田や歩いて5分程の菖蒲城址公園では3万5千株程のハナショウブも楽しめます。 菖蒲町HP

浮野の里・あやめ祭り

埼玉県加須(かぞ)市の浮野(うきや)の里であやめまつりが開かれました。
画像
「浮野」周辺の多門寺・北篠崎地区は、昔ながらの”武蔵野の面影”を残す田園地帯であるとともに、新田開発の名残をとどめる田堀(たぼり)、クヌギ並木、屋敷林等の自然や歴史的資源が残されている地域です。 このあたりは湿地帯で周辺に葦が茂りその中に田堀という水路がめぐり菖蒲田にはハナショウブが植えられ川に沿ってクヌギの散策路があります。
画像
あやめ祭りは「浮野の里・葦の会」により主催されました。 ここでは期間中、水路を女船頭さんにより田舟が運行されます。(一回200円) ハナショウブを見ながらゆっくりと進む田舟遊覧は風流です。 北篠崎地区 加須駅から4.2㌔ 加須インターより5分 バスあり 入場無料、駐車場(無料)あり 地元農産物直売

秩父神社の「お田植え祭」

                                                       画像 秩父神社で豊作と生活の安泰を願いお田植え祭が行われました。 神社の参道を田に見立てて本格的な稲作シーズンを前に、頭に笠をかぶり黄色い衣装の作家老の町田登さん(81)の先導で白装束の神部たちにが田植え唄を唄いながら、竹を曲げた鍬で田起こしや田ならし、田植えなどの農作業の所作を行い、豊作を祈る春の予祝行事です。 秩父神社、お田植え保存会の皆さんにより奉納されました。 参道を所作を行いながら行ったり来たり馬で田起こしをしたり、田んぼに脚を取られて転んでしまい観客を沸かせたり、吸い付いたヒルを取り払う所作をしたりし、最後に収穫した米で作った画像 餅を振る舞いお田植え祭は終わりました。                               田植え唄   御世の永田に  手に手を揃えて   急げや早苗   手に手を揃えて   一本(ひともと)植えれば 千本(ちもと)になる   神のみたまの  御年の苗                                                        画像   

秩父路に春の訪れ

山田の春祭りが行われました。                                   画像 恒持(ツネモチ)神社の例大祭、山田の春祭りが春めいたポカポカ陽気の12日に行われました。当日は動いていると暑いくらい、上乗りの人たちは休憩の時に扇子で扇いでいました。 午前8時から花火の合図により秩父屋台囃子と共に一台の笠鉾と二台の山車の引き回しが行われ、夜の音楽花火の打ち上げまで続きました。                        昔この辺りは昔、絹織物や養蚕業が盛んであり、経済的にも豊かだったので彫刻を施した立派な山車や笠鉾が作られたそうです。 8時に各町会から出発し恒持神社に集結ここで祭典が行われたあと再び町内を引き回されました。                                                    画像 笠鉾は和紙で作った花を竹につけ三層に笠のように飾ります。 山車は舞台で上乗りが扇を掛け声と共に前に差し出します。午後は舞台上で所作が披露され子供が舞踊を演じます。 早春の秩父の山にお囃子と掛け声が響き渡っていました。                      春祭りが終わると秩父地方にも梅が咲き、札所めぐりの巡礼の人たちが目立つようになります。                                                                          画像 ※ 20日(月) NHKおはよう日本 撮れたてマイビデオで「山田の春祭り」が紹介されました。 「山田の春祭り

びっくり雛まつり

鴻巣は岩槻と並び人形の産地として知られています。                          画像 その歴史は380年。  鴻巣の人形は、江戸時代中頃より盛んになり、関東三大雛市の一つに数えられ、江戸職人たちは競って鴻巣に修行にやってきたようです。 明治になっても「鴻巣びな」の製作は盛んで、勧業博覧会で賞を受けたり、天皇家に献上したりと、その製品の優秀さが全国に知れわたりました。  現在では、埼玉県の伝統的手工芸品に指定され、多くのひな人形が全国に出荷されています。 鴻巣市役所ではロビーに高さ5.7m 26段 人形1,345体  そして階段には300体 21段の 日本一というピラミッドひな壇が飾られています。                             画像 訪れた人たちは「すごいね!」 「わ!たくさんある」とびっくりしていました。 これだけあると壮観です。

三峰神社の節分

節分は立春の前日3日を言いますがもともとは「せちわかれ」と言い季節の分かれ目を意味する言葉でした。                                                      画像 春の始まる前日に世の中を清めて、新しい気分で春を迎えるという意味から、豆まきが始まりそれが節分行事として今に伝えられています。 豆は石のようで死んでいるように見えるが、春になるとしっかり芽を出す。そこから日本人は豆を生命力の象徴と考えてきました。 この日、各地の寺や神社で豆まきが行われますが、中には大変ユニークなものもあります。 ここ秩父の標高1100mにある三峰神社では「ごもっともさま」という豆まき神事が行われました。 五穀豊穣・大漁満足・夫婦円満・開運長寿の願いがこめられ、とくに子授けの奇瑞があるといわれる画像のは、ごもっとも様の効験によるものといわれています。  裃姿の年男が三方にのせた福枡の豆を「福は内」の唱えごとと共にまかれます。この時、後にひかえた添人が、大声で「ごもっともさま」と叫びながら、巨大なごもっとも様を前上方に突き出します。  ごもっとも様とは、長さ1メートル余の檜のすりこぎ棒型のもので、その頭に注連縄をまき、根もとには蜜柑二個をさげた象徴的なものです。                                    この行事が終わると秩父地方にもロウバイやセツブンソウが咲きいよいよ春の到来です。                                                            画像 道の駅「大滝温泉」ではこんな「ごもっともそば」が売られています。画像

新年を祝い餅つき踊り

さいたま市の日進神社で1日0時、「明けましておめでとうございます」の挨拶と共に新年を祝い、市指定民族文化財に指定されている餅つき踊りが奉納されました。  餅つき踊りは「接待餅」とも呼ばれ、かつては村内での祝い事には随時踊られていたようです。画像 その起源は江戸時代に中山道の伝馬夫役に出た若者達が通行する大名や武士達の宿で、旅の慰安と接待を兼ねて餅つきをしたことが芸能化されたものと言われています。  ふかした餅米を頭上にかかげた者を先頭に杵を持った者が木やり唄をうたいながら入場し皆で音頭にあわせ練り上げ、続いて4人で呼吸を会わせて一気に餅をつきあげます。  4種類ほどの餅つき踊りが約30分ぐらい披露され、つき上がった餅は参拝者に振舞われ、この餅を食べると今年一年を健康に過ごせるといわれています。今ではあらかじめ搗いて置いた餅が振舞われています。画像  昨年は児童殺害事件、鉄道事故、構造計算書偽装事件など暗い話題の多い年でした。 今年は株価上昇、トリノ冬季オリンピック、サッカーのワールドカップなど期待される材料があります。明るい良い年になるといいですね。  テーマは絞ったほうがいいのですがひとつのテーマだとネタ切れになり続かなくなりますのでアレコレ取り上げますが今年も楽しい話題を中心に情報発信を続けて行きたいと思います。  ご支援よろしくお願いします。    
posted by ミニミニ放送局 at 20:20Comment(0)TrackBack(0)

十日市(とおかまち)

10日、大宮氷川神社で十日市がありました。                   画像  これは毎年恒例の、暮れに行われる大湯祭、酉の市で熊手を売る露天が沢山並びます。  今年は土曜日に当たったこともあり境内は縁起物の熊手を求める人たちで大賑わい。 参道は人で埋まり満員電車の人がそのまま動いているよう。思うように歩くことが出来ないほどでした。 この熊手は福やお金をかき集めると言う縁起物で商店主や不動産業者、建設業者などが来年の商売繁盛を願い買い求め、売買が成立するたびにあちこちで威勢の良い手締めの掛け声が上がっていました。    (母葬儀の為しばらく更新をお休みしました)  
posted by ミニミニ放送局 at 20:27Comment(0)TrackBack(2)

入間航空祭

3日、入間基地で入間航空祭が開かれました。 久しぶりに見た航空祭です。 西武線から人がどんどん吐き出され基地内へ流れていく。 とにかくすごい人の数、埼玉新聞によると15万人の人出があったと言う。 滑走路脇の広い駐機スペースは人で埋まっている。一旦離れたら大人でも迷子になってしまう。  航空祭の目玉はTー4型ジェット機による「ブルーインパルス」の編隊曲技飛行。 離陸開始時刻になったら座っていた人たちも一斉に立ち上がった。 離陸し飛行が始まり滑走路上の低空をすごいスピードで飛んでいく。 低空の交差、至近距離でのすれ違い、きりもみ落下、背面飛行、1500メートルくらいまで垂直上昇、上向き開花。宙返り、等スモークを吐きながらの演技に拍手が巻き起こる。 この日のパイロットはスター。しかし地上に降りても人垣にさえぎられ姿は見えない。 低空飛行の高度が高めだったこと、下向き開花がないことなど 以前のショーに比べやや迫力に欠けた。この日は雲が多かったのでスモークがあまり見えなかったことと、以前にあった墜落事故の影響だろう。 飛行機ファンでなくとも見ごたえのある航空祭でした。 ※ブルーインパルスについてはTBしていただいた壱日壱撮さんのページに詳しく書かれています。  毎日がレビューさんとものづくり日記さんのページには動画が公開されています。

古式土俵入り

画像 さいたま市岩槻区の鈎上(かぎあげ)神明社で古式土俵入りが行われました。 これは江戸時代前期の貞亨年間1684年頃から行われているとされる行事で子供達の健やかな成長と村民の安泰を願って鈎上神社の秋祭りに奉納されるものです。  今年2月に国の重要無形民俗文化財に指定されました。 神社近くの行事宿でまわしと赤い襦袢にみを包んだ子供達が神社に鈴を鳴らしながら行事などの役員と共に列を作り向かいます。  土俵に着いたらお払いののち土俵入りの儀式を行います。 右手の平を外に向け額に当て左手を後ろに回し、一足ごとに左右の手の位置を買え交互に足を出す、「やっこ」を踏みます。相撲の取り組みはありません。  見物客はそれほど多くはなく素朴な格式のある土俵入りが今に伝えられていました。
posted by ミニミニ放送局 at 20:04Comment(0)TrackBack(0)

川越まつり

画像  去る15日、16日川越まつりが行われました。 起源は慶安元年(1648年)といわれ江戸との経済交流あわせて、華麗な山車が引き回されるようになったと伝えられます。 この祭りは今年2月国の重要無形民族文化財に指定されました。 16日3時すぎに出掛けましたが地震の影響でJRのダイヤが乱れ到着が遅れて昼間から見るつもりが暗くなってしまいました。 川越駅から蔵の街まで約2キロの間人の波で埋め尽くされ、歩くのに普段の倍ほどかかり人の多さにビックリ。  この日は23台の山車が曳き回され多くの観光客を魅了しました。 山車の形式は鉾山車で二重の鉾を組上げ上層の鉾に人形を載せ下層には舞台が付きます。 この祭りの一番の見どころは曳っかわせで山車がすれ違う時や交差点で出会った時にお互いに正面を向き合い囃子の儀礼打ちをし祭りは最高潮に達します。9時ごろまで続きました。 (撮ったビデオは25日、NHKおはよう日本で放送されました)

茅の輪くぐり

画像 大宮氷川神社で茅の輪くぐりがありました。 1年の真ん中にあたる6月30日の行事です。 半年を無事終えたことに感謝し、これから来る暑い夏を元気に乗り切ろうと無病息災の意味を込めて、人形(ひとがた)に穢れを託し茅の輪を8の字に回り神社にお参りします。
posted by ミニミニ放送局 at 20:44Comment(0)TrackBack(0)