国昌寺の開かずの門

DSC01070.JPG国昌寺山門 kokusho10[1].jpg 江戸時代中期に建立されたさいたま市緑区にある国昌寺の山門は「開かずの門」として有名で、この門を棺が通ると軽くなる〈龍が食う〉という伝説があり、門は閉じられ「開かずの門」になったと伝えられています。 他にも、門の欄間の龍は左甚五郎作と伝えられ、見沼に棲んでいた龍が作物を荒らしたので、日光から帰る途中の左甚五郎に龍を彫ってもらい、釘づけにして門におさめたという伝説もあります。 DSC01065.JPG本堂  国昌寺は戦国期に心巌宗智によって建立され、中興開山と称される大雲文龍は、当地さいたま市大崎の生まれで、宗智のもとで出家し、諸国参禅のあと越前永平寺に修学、帰郷して二代目住職となりました。  文龍は、その名声が朝廷にも伝わり、招かれて紫衣や禅師号を賜ったことなどが知られています。 また、能書家としての評判も高く、寺宝に文龍書の「大弁才尊天号」の軸物があります。  また、境内には、市指定天然記念物であるセンダンバノボダイジュもあります。 この木は、寺院によく植栽されており、葉の形が「センダン」に似て、花は目薬や黄色染料に、種子は数珠に利用されていたようです。 「国昌寺縁起より」 DSC01067.JPG観音堂 DSC01066.JPG灯篭 境内には立派な自然石の灯篭が建っています DSC01068.JPG鐘楼 この辺りは緑豊かな散歩道の続くところで近くに見沼用水が流れ緑道が整備されています。春には用水沿いに桜のトンネルが続き癒しを与えてくれます。 DSC01069.JPGDSC01063.JPG付近には彼岸花が咲いていました。季節を感じますね。
posted by ミニミニ放送局 at 20:30Comment(6)

散歩コースの花たち

市民の森方.gifツツジ  四月も末 森も新緑で美しくなって今はツツジが綺麗な時です。 市民の森方2.gifオオムラサキツツジ  市民の森方3.gifコデマリも生き生きした花をつけています 市民の森方4.gifコデマリは、細い枝や葉が見えなくなるほど白い多数の花を咲かせ、枝垂れる姿がとても見事で、庭木や切り花として利用される春を代表する花木です。 市民の森方5.gif新緑が美しくなった樹木 市民の森方6.gifハナミズキ咲く森 市民の森方7.gif ハナミズキが見頃の時期になりました ハナミズキは日本から桜を送った返礼として日本に贈られた木で街路樹にもよく使われます。 市民の森方8.gifピンクのハナミズキは遠くからも目立ちます 市民の森方9.gif我が家のハナミズキは花付きが良くありませんでしたが今年は花がいっぱいになりました。 市民の森方10.gifタンポポはまだ背が低く地面に張り付いているよう 市民の森方11.gifハナミズキとチューリップも似合います 市民の森方12.gifハナミズキ満開の小道 コロナウイルスが広がっています。そして著名人の死亡がニュースになります。密にならないよう気を付けながら街を歩いてふさがれた気持ちを変えています。
posted by ミニミニ放送局 at 20:48Comment(6)

東京散歩 ~皇居一周~

画像
   パレスホテル前 皇居一周ウオーク、東京駅より反時計回りで回ります。
画像
画像
石垣も大きく風情を感じます。
画像
   和田倉噴水公園
画像
   反対側のビル街を望む
画像
大手門 ここは皇居東御苑の入口になっています
画像
画像
国立近代美術館 日本で最初の国立美術館 竹橋を通りこちらに入ります。
画像
科学技術館
画像
北の丸公園 都心にいるとは思えない静かな環境です
画像
東京オリンピックの柔道会場となった武道館
画像
田安門を出て右方に
画像
こんなところに灯台!? 常灯明台と書かれていました 靖国神社正面の常夜灯として明治4年に建設されました。靖国神社に祭られた霊のために建てられたといわれています
画像
陸軍大尉 大山巌公像 私にはよくわかりません
画像
春は桜鑑賞で賑わう千鳥ヶ淵公園
画像
英国大使館
画像
半蔵門のある桜田堀 
画像
反対側のビル街
画像
皇居の周りはいつもランナーがいっぱい 右回りに決められているようです
画像
桜田堀 この辺りは一番きれいなお濠です
画像
警視庁が見えてきました
画像
画像
桜田門
画像
国会議事堂が隙間から
画像
霞が関官庁街を右手に
画像
皇居前広場
画像
最近は外国人が目立ちます
画像
帝劇あたりのビル街
画像
赤線に沿い右回りで歩きました 7キロくらいでしょうか 1万4千歩でした

クリスマスの横浜西洋館めぐり

横浜の山手地区にはかつての外国人居留地の面影を残す西洋館が点在しています。 この時期にはテーマ国別にクリスマスの飾りつけが行われそれぞれに個性のある建物をめぐるのも楽しいものです。 関内駅から港の見える丘公園まで高級住宅の並ぶ山手地区を歩いてみました。
画像
ここはブラフ18番館 大正末期に建てられた住宅でカトリック山手教会の司祭館として平成3年使われていたそうです。 白い外壁に緑の窓枠が美しい家です。
画像
すっきりしたテーブルコーディネート.。テーマ国はイタリアです。
画像
イタリアとの国交樹立150 周年を記念したクラシックなクリスマスの飾りつけ。 外交官の家が隣接していましたが工事中の為、入りませんでした。
画像
ベーリック・ホール  イギリス人貿易商ベリック氏の邸宅として建てられた戦前の西洋館として最大規模を誇る建物。
画像
テーマ国はベトナムです
画像
お祭りのように明るい、常夏のベトナム流クリスマス
画像
エリスマン邸 横浜の絹貿易商の支配人であったエリスマン氏の邸宅として大正5年に建てられました。
画像
田舎に帰省して祖父母と共に過ごすアットホームなクリスマス。テーマ国はフィンランド
画像
山手234番館。 昭和2年頃に外国人向けのアパートメントハウスとして、この敷地に建てられました。混雑していたのでパスしました。
画像
イギリス館は港の見える丘公園の一角にあります。テーマはイギリスです。 主屋の1階の南側には、西からサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスは芝生の庭につながっています。2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓からは庭や港の眺望が楽しめます。
画像
階段室の飾りつけ
画像
落ち着いた上品なコーディネート
画像
明るい窓辺の飾りつけ
画像
山手111番館 ここもイギリス館に隣接する公園の一角にあり、バラの咲くころには華やかな庭になります。 大正15年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として建設されました。 テーマ国はスエーデンです。
画像
雰囲気のあるブラケットの間に飾られたクリスマスリース
画像
クリスマスらしい赤のテーブルクロス
画像
居間に飾られたクリスマスツリー
画像
窓辺の装飾。庭を眺めながらコーヒーを飲みクラシック音楽でも楽しんでみたいものです。
画像
横浜らしいいクラシックなバス、赤い靴号が巡っていました。 ここの一階にあるカフェレストランで食事をし山下公園まで散策後シーバスで港みらいまで行きランドマークプラザ等を見ながら帰りました。

私の散歩道 ~新都心まで~

画像
今日は風もなく小春日和の穏やかな日
画像
土呂の我が家からJRで二つ先の埼玉新都心まで紅葉を楽しみながら約6キロののんびり散歩です 途中大宮公園の松の木にはコモ巻き作業が行われていました。
画像
和風庭園のあずまや  ゆったり時が流れます
画像
紅葉といえばカエデ  逆光で美しい
画像
画像
氷川神社の長い参道。ケヤキ並木が2キロあります。 ここは中側は遊歩道、外側は車道となっており公園のように整備され平成広場と名付けられています。
画像
南半分は比較的自然な植栽になっています。 新都心のショッピングモールでお茶をし電車で帰りました。 2016/12/4

ヒガンバナ咲く小石川後楽園

画像
9月の花はどこに行ってもヒガンバナ
画像
都心ウオークで後楽園を散策です。
画像
都立公園は入園料は安く気軽に庭園散策が楽しめます。 日本庭園らしい後楽園にも外国人が沢山訪れていました。
画像
画像
円月橋。渡ことはできません。
画像
巾着田のように真っ赤な絨毯というわけにはいきませんが緑の中に色を添えています。
画像
カカシも日本的なんでしょう、稲の収穫も間近です。
画像
鬱蒼とした園路、延段 この日はとても蒸し暑い日でしたがここは涼しい風が通り抜けていきます。
画像
ここで時の流れを楽しむのもよいでしょう。
画像
カエデは少し色づいていました。秋が近づいています。 小石川後楽園 9月26日撮影
posted by ミニミニ放送局 at 10:46Comment(0)TrackBack(0)

皇居前広場

時間が出来たので皇居東御苑を散策しようと行ってみたらこの日は定休日でした。確認してから来るべきだった。
画像
その為久しぶりにお上りさん気分で皇居前散策に変わりました。 歩いてみると広いこと! ここ十数年の間に多くのビルは建て替えられて高層化し景観は大きく変わりました。
画像
お濠は藻が沢山発生して綺麗な状態ではありません。
画像
整然と積まれた石垣は美しい
画像
柳が風情を感じさせます。雲が低く垂れこめ今にも降りそうなお天気です。
画像
まだ修学旅行に組み込まれることも多いのでしょう。
画像
欄干や橋の外灯も装飾性豊かです。傾斜に合わせ斜めに鋳造されています。
画像
訪れていた人は殆どが中国人でした。はやりの自撮り棒で記念写真をカシャッ!東京に来れば必ず立ち寄るのでしょうね。
画像
このところ雨が多く土手の緑が綺麗です。
画像
定番の二重橋も改めてみると美しいものです。 2016・9・16撮影
posted by ミニミニ放送局 at 11:35Comment(0)TrackBack(0)

私の散歩道 ~盆栽町~

画像
今回はその名もユニークな盆栽町です。この町には5軒の盆栽園が集まっています。
画像
カエデ通りやケヤキ通り、桜通りなどの碁盤目のように区画された道路は四季の道と呼ばれ緑が多く散策には好適な所です。
画像
盆栽は海外からも愛好家が多く訪れています。
画像
盆栽四季の家は四季の道の散策や盆栽園を訪れた市民のくつろぎの場として利用されています。無料で利用できる休憩室や有料の茶室などがあります。
画像
画像
訪れた人の為の駐車場もあります。
画像
町を訪れた人の為の休憩コーナー
画像
町内は静かな住宅街です。
画像
盆栽園内は撮影禁止になっており外に展示されているものを撮りました。

私の散歩道 ~台風後の第二公園~

画像
10日、大雨も止み落ち着いてきたので台風後の大宮第二公園まで歩いてみました。 そこは普段見る風景とは一変していました。大きな池になっていたのです。
画像
越流堤 遊水池は芝川下流の洪水を防ぐ為に作られたものですがその機能を果たしていました。
画像
芝川 水位も下がり流れも落ち着いた芝川の様子です。 見沼田んぼの真ん中を流れ大雨の時は一帯が水浸しになります。
画像
木々も水に浸かっています。深さは4~5mあるでしょうか。 この奥にある排水機場のポンプで溜まった水を芝川に排水します。
画像
中段の道路では高校生が水を跳ね上げながら走り回っていました。
画像
普段の遊水地(4月撮影) 周りには桜が植えられ芝生広場では子供が走り回りひょうたん池では釣り人が糸を垂れる所憩いの公園です。

私の散歩道 ~市民の森~

画像
いつもの散歩コースです
画像
一回り約1時間コースです
画像
傍には見沼の用水路がありそれに沿って散策路があります
画像
この日は雨が落ちてきそうな蒸し暑い日でした。日曜日には子供連れの家族で賑わうところです。
画像
動画でご覧ください

皇居乾通り 秋の一般公開

画像
天皇陛下の傘寿を記念した皇居・乾通りの秋季一般公開が行われ6日に普段見られない皇居内の乾通りの紅葉を見てきました。 宮内庁によると、3~7日の5日間で計約34万9500人が訪れ、最も盛況だった5日の来場者は約8万6千人だったそうです。 宮内庁発表によると秋季皇居乾通り一般公開の参入者数は 12月3日(水) 57,490 12月4日(木) 42,600(雨) 12月5日(金) 85,730 12月6日(土) 78,700 12月7日(日) 84,980      合計 349,500 4日が雨でその翌日が好天になった為か入場者数は最高を記録したようです。
画像
紅葉に合わせ、坂下門から乾門までの約750メートルが公開されました。 東京駅から人の列が続き二重橋前で大きく4列のブロックに分かれ30分ほど待ちました。 その後持ち物検査とボディーチェックを受けたあと大手門より入場、宮殿を左に見ながら宮内庁前を通り乾通りへと向かいます。
画像
宮内庁は一般参賀の時にも見ることが出来ます。天皇陛下は宮内庁の窓から参観者の様子をご覧になっていたそうです。
画像
ここから乾通りへ
画像
左手の皇居内部は手入れが行き届いている。
画像
画像
春の桜の時期も大賑わいだったようです
画像
画像
画像
青空に黄葉が映える
画像
乾門は歴史を感じさせる重厚な門
画像
東御苑入り口の北桔橋門から見た乾通りを歩く人の列 帰りは皇居東御苑の紅葉を見ながら東京駅に戻りました。
画像

東京散歩 ~上野から隅田川へ~

今回は上野駅から浅草通りを東に向かい隅田川沿いに駒形橋から両国橋まで歩きました
画像
浅草通りから少し南に少し入ったところにある下谷神社、例大祭で近隣町内を渡御する本社神輿は千貫神輿といわれ、威容を誇ります
画像
浅草通り沿いには仏壇を扱う店が軒を連ねています。商品を痛めないよう皆北向きの店構えです。
画像
仏壇店
画像
駒形橋  ここからは東京スカイツリーも良く見えます。
画像
ううまやの渡し跡 かつてここを渡し船が往復していました
画像
厩橋  リベットが沢山打ち込まれた長さ151mのタイドアーチ橋は美しい曲線を描いています。
画像
厩橋とスカイツリー
画像
欄干の所々に浮世絵が掲げられ当時を忍ばせます
画像
総武線鉄橋 総武線は本数が多くゴーゴーと頻繁に行き交っています。
画像
隅田川テラス  隅田川沿いの気持ちの良い散策路です。北側は新しく整備されました。テラスは神田川で一旦途切れます。
画像
沈みそうに平たく低い船
画像
この日は平日にも拘わらず観光船には沢山の人が乗っていました。
画像
両国橋 下を通るのは東京都観光汽船の総ガラス張りのモダンな「ヒミコ」
画像
柳橋  かつて花街として賑わった所で最盛期の昭和3年には、料理屋、待合あわせて62軒、芸妓366名の規模を誇り、芸妓の技芸も優れ、新橋演舞場や明治座に出演し披露していたといいます。
画像
神田川には沢山の屋形船が係留されていました。主に休日の夕方に出るようです。
画像
赤い線を歩きました

早春の皇居東御苑 

早春の皇居東御苑を散策してみました
画像
          武蔵野の雑木林?いえここは都心
画像
           あまい香りが漂って・・   蠟梅が咲き始めていました
画像
          これは巨人の箒
画像
          この時期に赤いサザンカの花は目立ちます
画像
          見張りの松、と言うかどうかわかりませんが・・ ウエブリアルバムに沢山の画像がUPされているのでご覧ください

我が街秋の佇まい

画像
       区役所前広場
画像
画像
       風が吹くとさらさらと木の葉が舞います
画像
       街の公園の木々も紅葉が進んできました
画像
       静かな小春日和の公園です
画像
画像
       黄色くなった丸い葉はかわいい!

新生 万世橋

交通博物館として長らく使われてきた旧万世橋駅が生まれ変わりました。
画像
昔の神田川はゴミが流れ臭気が漂っていたどぶ川のような状態でしたが今ではすっかり綺麗になり鯉の姿を見かけることもあります。  2006年の交通博物館の閉館に合わせて、特別公開以来、内部に入ることができなくなっていた“旧万世橋駅”の遺構に新しい商業施設が高架下に誕生しました。
画像
施設内のショップは、喫茶店や趣味・嗜好性が高い常設ショップと期間限定ショップの計11ショップがあります。
画像
画像
広場も作られ木が植えられ憩いの場所となっています。レンガのアーチが良い雰囲気を作り出しています。
画像
上は中央線が頻繁に行き交います。 「マーチエキュート神田万世橋」  

東京スカイツリーからの展望

画像
もうすっかり観光名所になったスカイツリー
画像
空気が澄み良く晴れた日を選び展望を楽しみましました
画像
もう落ち着いてきて30分も待たずにエレベーターに乗ることが出来ました
画像
450メートルからの眺めは天空からの眺め
画像
普段なかなか見えない筑波山もこの日はくっきりと・・  東の方向には視界をさえぎるものが無い
画像
スカイツリーは巨大な日時計! 今何時?
画像
サンシャインはかつて東京の展望台だった
画像
輝く東京湾に走るアクアライン
画像
ガラスの床の下は350m下の地面、皆さん恐る恐ると・・  ここでも東京タワーよりも高い まだ行っていない人は動画で展望をお楽しみください
過去記事 「東京スカイツリー点描

昼下がりの公園

画像
画像
松ノ木にはコモが巻かれています。 ここで冬篭りをした虫が春に取り外され焼かれます。
画像
木肌がゴツゴツした木がありました アカシデです 若芽が赤いことと秋に美しく紅葉することから、「しで」は、注連縄などに使われる紙垂(しで)のことで、花穂の垂れ下がる様子が似ていることからこう呼ばれるようになりました。
画像
明るい空にのびのび枝を伸ばしています
画像
今日は風も無く穏やか、日向が恋しい季節です
画像
マツボックリも無数に落ちていますが拾う人もありません

晩秋の皇居東御苑

画像
皇居東御苑は都会のオアシス
画像
ビル街から5分も歩けばそこは緑豊かな自分を取り戻せる世界
画像
都心とは思えない空間が広がっています
画像
山に比べ鮮やかさには欠けますがカエデは紅葉し見頃でした
画像
画像
やはり日本庭園にはカエデが似合います
画像
ここ竹林の竹だけはみずみずしい緑でした
画像
二重橋を照らしていた旧外灯
画像
雑木林には散策路があり落ち葉を踏みしめて歩くのも気持ちの良いものです
画像
この日は曇り時々晴れというお天気でしたが風はなく池は鏡のように紅葉の木々を映していました ウエブリアルバム「晩秋の皇居東御苑」もご覧下さい ウエブりアルバム「皇居東御苑の春」もご覧下さい 入場料  無料 休園日  月・金                                                       撮影 12月4日 詳しくはこちらから宮内庁HP「皇居東御苑

小さなイギリス

画像
伊豆の山懐に小さなイギリスの町がありました。花で綺麗に飾られています
画像
木骨作りの建物はイギリスやドイツなどに良く見られます。窓からはシャボン玉が噴出されていました。 暖かいぬくもりが感じられます
画像
前庭の芝生にはイギリスの旗の花壇が作られています
画像
ここは小さな鉄道「ロムニー鉄道」の駅です。カナダの町まで走ります
画像
画像
イギリスの土産や小物などの店が並びます
画像
修善寺 「虹の郷」

小春日和の公園

画像
秋なのに小春・・・この頃に春のように穏やかで暖かい日が続くことから「小春」というようになりました。秋の季語ですね。 日本人の風流な言い回しです。
画像
子供が近づくとカモたちが一斉に集まってきます。 茂みがあり時折餌も貰えて水鳥たちには別天地でしょう。
画像
画像
画像
自然公園には風もなく穏やかな時が流れていました。

新装なった東京駅

画像
長い間工事が続けられてきた東京駅が生まれ変わりました
画像
三階部分を積み上げた工事ですがレンガタイルの色合わせが行われ殆どわかりません。制作の苦労があったと思われます。 そして駅舎の屋根材には、東日本大震災の津波に打ち勝った宮城県産の天然スレートと呼ばれる石が使われているそうです
画像
昭和20年の大空襲で焼失した3階部分と南北のドーム屋根が再現され、大正期の創建当初の威容がよみがえりました。
画像
当時としてはハイカラなアーチデザインが取り入れられました
画像
中央は小さな出入り口しかありません。南と北出入り口がメインになっています
画像
正面には植栽が行われ綺麗に作られています
画像
今までと大きく変わったのはドーム天井、当時の資料が無かったため再現するにあたっての苦心の跡が見られます。
画像
一般の人の目に触れることのない部分ですがこの工事で一番苦労したのは大きな地震にも耐えられるよう地下を掘りゴムの免震装置で駅舎を浮かす工事だったようです。駅舎は国の重要文化財で傷を付けられない。通常業務に支障が出ないよう、総重量約7万トンの建物を動かさず地下部分に穴を掘り、免震装置と揺れを制御するオイルダンパー設置したそうです。 よく見ると建物と地面の間に揺れ吸収のプレートが貼り巡らされてされていました。
画像
大正時代に作られたという東京駅、周りに大きなビルもない時代に立派な西洋建築の駅舎の出現に当時の人はさぞ驚いたことでしょう

東京スカイツリー 点描

画像
オーッ、スカイツリーがよく見える! 浅草はスカイツリーのよく見えるスポット
画像
屋台のおじさんはもう見飽きた?
画像
新旧二題 五重の塔の方が高くない?
画像
あの展望台まで3000円 どうする?
画像
カモメでもあの高さまで上がるには大変だろうな
画像
ここは撮影の定番スポット あなたも撮った?
画像
ガラスの塔
画像
ゴールドの塔 これはすごく高いよ!
画像
倒れてこないかな!

冬の公園

画像
公園の沼は水鳥たちの楽園です
画像
慣れているのか人をあまり恐れません
画像
蝋梅が咲いていました
画像
近づいてみるとあま~い香りが
画像
こんなに氷があったよ~ 冷たいね! 冷え込んだのでしょう

東京散歩「不忍池から後楽園へ」

画像
不忍池の南側はハスで一杯になっています
画像
三つある内のボート池には水鳥が良く遊びに来るところで今日は静かです。
画像
江戸時代の地図にもその名が見える無縁坂、その名前は、坂の上に無縁寺があったことに由来しています。ここを上がった所が東京大学です。
画像
東大病院外来病棟 東大の中ではタクシーや人の往来が一番多いところです。遠くにスカイツリーも見えます。
画像
東大の風格ある建物はヨーロッパの街角のよう
画像
小説でも有名な三四郎池は大学の中心にある憩いの場ですがあまり綺麗とは言えません。
画像
ここから多くの政界人や財界人が輩出されました
画像
東大のシンボル安田講堂。
画像
この本郷界隈は古い建物と新しいマンションの同居する街
画像
この辺は田宮虎彦、樋口一葉、宮沢賢治など文人が多く住んだ街
画像
裏通りには下町らしい風情があります
画像
本郷の大通りから見たスカイツリー 大きいので東京タワーより見つけやすいですね。
画像
東京ドーム
画像
後楽園遊園地のジェットコースター 夕方なので動いていませんでしたがこの傾斜と高さは凄い!                                                                 1018