石垣諸島の旅 その3

これから向かう川平湾(かびらわん) 石垣港から北部の川平湾に向かう バスは感染予防のためアクリル板が設置され一列おきです。 川平湾には多数のグラスボートがあります。 これだけ観光需要があるのですね。石垣の海はやはり美しい、晴れていればもっと綺麗でしょう。 船長から見学についての説明を受けます。  船底がガラスになった窓から海底を探索します。 浅いサンゴの海を航行…

続きを読む

石垣諸島の旅 その2

八重山諸島ツアーの続きです。 今回は西表島。泊ったホテルの海岸風景、島の北部にあります。西表島は沖縄本島に次いで大きな島。南部の港から北部のホテルまで島を半周する形です。島の人口は少なく殆どが原生林で占められています。そして原始的な西表ヤマネコで知られています。 ホテルは原生林に囲まれた形です。周りには何もありません。 西表島の東部にある由布島。ここは小さな島で地図を拡大して見…

続きを読む

石垣諸島の旅

GoToトラベルで石垣島ツアーの予約をしたのは10月、この頃はウイルスもひどくはありませんでした。その後感染者も多くなり毎日過去最高を示すようになりました。 このツアーをキャンセルするかどうか悩みましたがキャンセル料が掛かりますので判断に迷いながらも対策をきちんととれば大丈夫だろうと言う事で参加することに決めたのです。 乗り物が心配でしたがさほど混雑も無く飛行機は大型機で7割程度の搭乗率。離…

続きを読む

秋の渡良瀬渓谷鉄道

秋の渡良瀬渓谷鉄道です。 紅葉のシーズンに鉄道の旅を楽しみました。 わたらせ渓谷鐵道株式会社は、群馬県・栃木県において特定地方交通線の足尾線を引き継いだ鉄道路線わたらせ渓谷線を運営する第三セクターの鉄道事業者です。 わたらせ渓谷鐡道とは、群馬県と栃木県の県境を流れる、渡良瀬渓谷に沿って走るローカル線で、足尾銅山で産出される銅を運ぶために大正3年(1914年)に全線が開業。足尾銅山の最盛…

続きを読む

北海道の旅(3)

この辺りは見頃で車窓は彩り豊かです。 北海道と言えば広々とした牧場、日高地方は特に多いようです。 大雪山ロープウエイより見た紅葉の木々。上の方は散っていました。 大雪山は姿見の池までは一時間のハイキングコースとなっており賑やかです。 大雪山ロープウエイ(株)より借用しました。左回りで歩きました。 噴煙を上げる大雪山 大雪山の紅葉が目的でしたがこの辺りはもう終わって…

続きを読む

北海道の旅(2)

二日目は音更町の白樺並木からです。 十勝牧場内には美しい白樺の並木道やカシワの古木があり、十勝を代表する景勝地のひとつになっています。特に白樺並木は映画やドラマのロケ地としてたびたび登場しています。 始めは人の居ない風景を、次に自由に撮影しました。その後は思い思い自由に・・・。 ナイタイ牧場 日本一広い、総面積約1,700haの公共牧場で、牛の放牧を見ることができます…

続きを読む

北海道の旅(1)

北海道南端の襟裳岬 10月1日から三日間の北海道旅行をしてきましたが忙しくUPする時間も取れなかったため今になってしまいました。 大雪山の黄葉を見ようと出かけたのですが数日前に雪が降りその為紅葉は終わっていました。 でも始めた見た大雪山の景観はお天気も良く素晴らしかった。 三回に分けてお伝えします。   新千歳空港から襟裳岬までバスで4時間半くらい走りました。やはり北海道は広い…

続きを読む

吹割の滝

「吹割の滝」は「日本の滝100選」に選ばれています。 吹割の滝(ふきわれのたき)は東洋のナイアガラと呼ばれ、群馬県の人気観光地で昭和11年に国の天然記念物に指定されました。ナイアガラと比べれば至って小規模ですが・・・・ まだ新緑も綺麗でお天気も良かったのでこの滝までドライブしてきました。            片品川 川床を割くように水が流れ落ちることから「ふきわれの滝」…

続きを読む

白馬山麓の春

   白馬村に遅い春を訪ねました    雄大な白馬岳を背景にこいのぼりの群れが悠然と泳いでいます。    神城の貞麟寺は枝垂れ桜の名所、ソメイヨシノや枝垂れ桜の古木が満開になっていました。    姫川源流 ここから50㌔を流れ日本海に注ぎます。平地に源流を持つ川は珍しい    常に清流が流れ湿原にはミズバショウやバイカモ、カタクリ、アズマイチゲなどが見られました。 …

続きを読む

瑞雲郷梅園の梅が見頃に

      気候温暖な熱海の瑞雲郷梅園の梅が見頃になっていました。       相模湾を望む日当たりの良い南斜面に春の香りが漂っています。       代表的な梅「思いのままに」や「白加賀」が春を彩ります       期間限定で会席しているお茶席「清香亭」で梅を眺めながらお抹茶をいただけます。

続きを読む

七草の寺

万葉の歌人「山上憶良」が詠った詩から生まれた秋の七草が長瀞の七つの寺に植えられています。 ハイキングで全部の寺を巡ると約13㌔ほど4時間くらいかかります。 不動寺は宝登山の麓、長瀞の町が見下ろせるケーブルカーの駅近くにあります。 ナデシコの寺として知られ淡いピンクの優しい花が迎えてくれます。 荒川近くの小高い所にあるオミナエシの黄色い花に囲まれた寺があります 「おみな」…

続きを読む

佐渡の旅

佐渡汽船からの近づく佐渡佐渡までは新潟から佐渡汽船でフェリーで二時間半、水中翼のジェットフォイルでは一時間で到着します。 今回は急ぐ旅ではないのでフェリーで渡りました。 大佐渡スカイラインからレンタカーで回る二泊三日の旅でしたがお天気は三日目の午前中に少し降られたほかは晴れ時々雲りでした。 真野湾両津から真野へは大佐渡スカイライン経由で、ここの展望所からは真野湾が一望できます。 …

続きを読む

生田神社参拝

神戸旅行の折、生田神社に参拝しました。駅から近い便利な神社です。 12年前の阪神・淡路大震災の時は屋根がつぶれるなど大きな被害を受けましたが今は綺麗に修復されています。 地元市民球団オリックスブルーウェーブやヴィッセル神戸等野球・サッカーチームが毎年1月に必勝祈願に参拝し、多くのスポーツ選手が優勝に向けてその年の活躍と健康を神前に祈る神社としても知られています。 生田神社は…

続きを読む

銚子

穏やかな天気の20日、ビデオ仲間10人が車2台に分乗し銚子へ撮影旅行に出かけました。 この日は春のように霞のかかった、動き回ると暑いくらいの陽気でした。 さいたま市から約140㌔、4時間ほど、首都高速の葛西辺りまでは10キロ以上の渋滞で東京を抜けるまでが大変です。 東関東自動車道に入ると流れは良くなり成田を過ぎたあたりからは専用道路を走るよう。 銚子に着き、始めに漁港を撮影、船溜…

続きを読む

世界遺産・白川郷

心のふるさと 白川郷 平成7年12月ユネスコの世界遺産に登録された合掌作りの集落、白川郷。 厳しい地形と気候風土の中で培われた特色のある生活やその建物群。 しかしその建物を維持していくのは大変なようです。重要文化財に指定されている和田家の場合屋根の葺き替えに3千万円かかるそうです。 多雪地帯である為屋根の傾斜は急です。 内部は2層~4層になっており養蚕が盛んな頃はここで…

続きを読む

飛騨高山・町めぐり

城下町の中心、商人町として発達した古い町並(国選定重要伝統的建造物群保存地区)がよく保存されています。 出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には看板ともいわれる杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり町家の大戸や、老舗ののれんが軒をつらねています。 できたらこんな陣笠で町歩きをしてみたいですね。 旅人気分になれます。 プラスチック製品に押されてはいますがこれは使う…

続きを読む

馬籠宿と妻籠宿

古き良き日本の風景 中仙道の宿場町、妻籠宿と馬籠宿を歩きました。 時が止まったかのような佇まいの宿場町。町並みが良く保存され江戸時代にタイムスリップしたかのような風景。映画のセットではなくここでの人々の生活があります。 消火栓は目立たなく木の箱に納められていました。そして家々の格子戸にはさりげなく野の花が飾られ住む人たちの心の優しさを感じます。 ここは…

続きを読む

美しい街 ブルージュ

ベルギーのブルージュは北のベニスとも言われ運河がめぐる美しい街です。 Bruggeとは「橋」の意味で、街を縦横に流れる運河に50以上の美しい橋が架かる天井のない博物館とも言われる水の都です。 13~14世紀にかけハンザ同盟の主要都市として栄えたが、15世紀に入って運河の沈泥で商船の出入りが出来なくなり、街の発展が止まった。そのおかげで中世の景観をそのまま残し、現在に至っていま…

続きを読む

グランプラス

ベルギーのグランプラスは世界一美しい広場と言われています。  17世紀に建てられた華麗な建物群が広場を囲むブリュッセルのグランプラスは1998年に世界遺産として登録され、ブリュッセル観光の拠点となっています。  そしてここにはカフェやレストラン、ゴディバの本店などのショップが並び、いつも観光客で賑わい、昼間は花の市がたち美しい花で広場は飾られます。  この広場の中心となる建…

続きを読む

レンブラントの名画

レンブラントはオランダを代表するバロックの画家。 アムステルダムの国立博物館に世界3大名画と言われる夜警が展示されている。 集団肖像画の大家であった彼は表情の無いそれまでの絵にドラマ性を持ち込んだ。 画面が暗いのとタイトルから夜の作品と思われがちだが、実は昼間の情景で、火縄銃組合のホールを飾る為に依頼された作品といわれる。 この夜警が完成した後最愛の妻を亡くしてから生…

続きを読む

風車

オランダといえば風車の国 アムステルダムの北15キロのところにオランダらしい風景に出会えるザーンセスカンスという所があります。 かつてはこの地方に500基ほどあったそうですが、今は観光用に5基が川沿いに並んでいました。 オランダは4分の一が海面下の土地である為、その水を汲み上げるのに風車が使われていました。 多い時は9000基あったそうですが今は十分の一ほどに減っています…

続きを読む