新年あけましておめでとうございます

画像
昨年は沢山の訪問を頂き有難うございました。 今年も皆さまにとってより良い年でありますようお祈り申し上げます。
画像
        我が家の玄関飾りです。 このブログを始めたのは2005年6月、もう12年余が経ちました。これも支えていただける皆様があってのことと思います。当時はUP出来る写真は一枚だけ 更新の頻度は下がりましたが細く長く続けていきたいと思います。 今年も山や自然、散歩、お祭りなど身近な話題を提供していきたいと考えています。 よろしくお願いします。

冬の公園

画像
公園の沼は水鳥たちの楽園です
画像
慣れているのか人をあまり恐れません
画像
蝋梅が咲いていました
画像
近づいてみるとあま~い香りが
画像
こんなに氷があったよ~ 冷たいね! 冷え込んだのでしょう

繭玉飾り

画像
最近は農家でも繭玉飾りをする所はあまり見られなくなりました。 「繭玉飾り」は繭玉団子を柳や水木の枝にさしたもので「餅花」の一種です。「餅花」とは丸めた餅や団子を柳等の枝にさして作物の豊かな「稔り」を表現したもので、それを神棚や床の間などに飾り、作物の豊作を願う行事です。 昔から日本は養蚕の盛んな国でした。養蚕地帯では蚕の繭による収入が家計の大きな支えとなっていたこともあり、その作柄の良し悪しは農家にとって大きな問題でした。 特に養蚕に関する知識や技術が未熟な時代においては自然災害、天候不順、蚕病等によっておこる収繭量の減少や作柄の低下は人の力ではどうすることも出来ない問題であり、しばしばこうした被害に見舞われていたであろう当時の人々の苦悩ははかりしれず、誰もが困惑し、なすすべもなくただひたすら神にすがったに違いありません。 一見すると華やかで楽しげなムードが漂う繭玉飾りですが、そこに込められた蚕繭豊作の願いは今の私たちが想像する以上に切実なものだったものと思われます。
画像
画像
画像
丸めた団子を蒸かします。
画像
綺麗に見えるように赤と白の団子をバランスよく挿していきます。
画像
小正月の1月14日から16日頃に神棚などに飾るのが一般的なならわしですが、地方によっては小正月以外に飾るところもあるようです。

初参り

初参り点描
画像
近くの氷川神社へ新年恒例の初参りです 孫たちと参拝をしました
画像
今年は例年に比べ人出が少ないようです 不況の影響でしょうか?
画像
皆さん何を願っているのでしょうか、健康?家内安全?商売繁盛?学業成就?
画像
破魔矢は良く売れているようです 一年の好運を射止める縁起物として家に飾られます
画像
画像
おみくじは神社にはつきもののようです 孫は吉と出ました。凶もあるのでしょうか、出たらイヤですけど・・
画像
氷川神社は毎年全国十指に入る人出があります

子供の夢を乗せて走るミニ鉄道

画像
♪汽車 汽車 ポッポ ポッポ シュッポ シュッポ シュッポッポ ぼくらをのせて シュッポ シュッポ シュッポッポ♪
画像
埼玉県富士見市の小さな公園には鉄道線路が敷かれ休日になると汽笛が鳴り響き子供の笑顔を沢山乗せた小さな列車が走ります。
画像
♪汽笛をならし シュッポ シュッポ シュッポッポ♪
画像
♪ゆこうよ ゆこうよ どこまでも 明るい 希望が 待っている♪
画像
♪走れ 走れ 走れ 鉄橋だ 鉄橋だ たのしいな♪
関連記事「ミニSL大集合」                                                              20110925

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます
画像
昨年は温かいコメントや気持玉を沢山頂きありがとうございました
画像
今年も皆様方にとって明るい年になることを祈ります
画像
近隣の国は元気なようですが日本も再び活気を取り戻し元気になってくれることを願うものです
画像
幸い健康を害することも無く旅行を楽しんだり山を歩き自然に浸ることが出来ました。
画像
それでも年齢を重ねると腰の痛みを感じるようになったり体力も落ちてきます
画像
関東地方は穏やかな正月を迎えていますが昨年秋に旅行した山陰地方は記録的な豪雪とか
画像
今年もよろしくお願いします
画像
毎年恒例の大宮氷川神社に初詣しました

大宮ソニックシティからの展望

関東地方は冬型の風の冷たい乾燥した晴れの日が続いており塵も吹き払われ空気も澄んでいます。このような日は遠くの景色を眺めるには絶好の条件です。 大宮ソニックビル最上階の31階(地上120メートル)からは関東地方一帯を望む事が出来ます。良く晴れた日の午前中に展望室まで上がってみました。(拡大してご覧下さい)
画像
大宮ソニックシティ
画像
東側展望室 すぐ下も見え高度感充分です
画像
鉄道博物館 奥に見える山は日光連山
画像
大宮公園
画像
東側・埼玉スタジアム
画像
東側・筑波山
画像
南側・新宿副都心
画像
大宮は交通の要衝で京浜東北線、高崎線、宇都宮線、 埼京線、東北新幹線、上越新幹線、長野新幹線、 東武野田線、ニューシャトル等が通ります
画像
南側・横浜ランドマーク 天気の良い時は横浜も見えますよ
画像
南側・池袋サンシャイン
画像
西側展望室
画像
富士山とその周辺の山
画像
富士山 埼玉からは手前の山が低く形の良い富士山が望めます
画像
開けた西側の展望 丹沢山から浅間山まで一望
画像
武甲山
画像
ふたこぶラクダのような御荷鉾山
画像
真っ白な浅間山
画像
奥秩父の山々
展望室は30階と31階にあり東京電力のPR館になっており定休日は水曜、無料です (2010年に改装が行われSwitch!Station大宮ソニックとなり現在は31階のみ東側が見学出来ますが西側はレストランとなり展望のみの入場は出来ません) ※Switch!Station大宮ソニックは2011年5月31日をもって閉鎖されました。  現在はレストランや事務所となっており展望フロアはありません

新春

新年明けましておめでとうございます    良いお年をお迎えの事と             お慶び申し上げます                     今年もよろしくお願いします
画像
今年も我が家から近い氷川神社に初参りをしました ここ大宮氷川神社は毎年全国のベストテンに入る参拝者数があります
画像
元日の午前中でしたがピークだったのか入場制限がかけられ拝殿にたどり着くまでに かなりの時間がかかりました
画像
広い境内は人波で埋まりました
画像
楼門をくぐって拝殿へ 拝殿に着くまで入場制限が3回ありました いつもと違って拝殿までがすっごく遠い!
画像
皆さん何をお願いするのでしょうか 私は100円で交通安全と家内安全と健康と世界平和ともう一つ良いビデオ作品が作れるようにお願いしました 欲張りすぎかな? いつもお金の見えるプールのような賽銭箱でしたが今年はニュータイプのものに変わりました
画像
破魔矢も良く売れています
画像
元日恒例のとび職組合による梯子乗りが行われました 見る人はハラハラ 職人は晴れの舞台です
画像
 大丈夫? 気をつけてよ 上手い! 演技のたびにどよめきや拍手が巻き起こりました
臨場感を出す為に現場音を残しBGMはつけませんでした       ~今年も良い一年でありますように~ このビデオは「NHK一都六県」ビデオレターで放送されました

東京散歩「原宿から神田へ」

若者で賑わう原宿から学生とサラリーマンの街、神田まで都心を横断しました。
画像
表参道
ケヤキ並木が立派な表参道。人や車がいっぱい!
画像
表参道 いつも賑やか ブランド店やファッションの店、飲食店などが立ち並ぶ
画像
軒を連ねるブランドショップ シャネルとディオール、私には関係ないな~
画像
表参道ヒルズ
表参道ヒルズは同潤会青山アパート跡地の再開発プロジェクトによって建設された施設で1~3階までは商業施設で4階以上が住居となっています。 時代を感じさせる古い建物からガラス張りの近代的な建物に変わりました。
画像
ヒルズの中はクリスマスの飾りつけが綺麗
中は階段でなく長いスロープになっています。
画像
善光寺別院
表参道からすこし外れた所に都心ににあってひときわ目を引く立派な建物があったので行ってみたら長野の善光寺別院でした。お参りして次へ
画像
変わったデザインのビル
こんなビルを作るのも手間がかかって大変でしょうね。でも注目はされますね
画像
こちらにも
画像
赤坂御用地
東宮御所のある赤坂御用地は広い!歩いて10分ぐらいかかりました。高い土手の上に樹が繁り中はうかがえません。
画像
下校の女子高生
女子高生も下校の時間になりました。どこまで帰るのかな?
画像
赤坂の繁華街
昔、赤土の坂があったという事から赤坂と言われる。TBSやアークヒルズ、ミカドなどがり夜はネオンが灯り賑やかになるでしょう。私はここで遊んだ事はありません。
画像
お堀で釣りをする人も
画像
赤坂プリンスホテル
丹下健三氏設計によるという赤坂プリンスホテルはニューオータニと並びひときわ目を引く都心のホテル。 窓の明かりで巨大なクリスマスツリーを演出する事で話題になります。
画像
赤坂プリンスホテル旧館
クラシカルな外観の旧館は1930年竣工の旧李王家邸を改装し、1955年に開業したという。客室はなくレストランや結婚式場があります。
画像
夕景
北の丸公園あたりで日が沈みました。お堀から見る皇居の木々、雲がありますがすこし夕焼け空になりました。
画像
ビル街
丸の内のビル街には明かりが灯りました。お堀端の毎日新聞脇を通り高速沿いの通りへ
画像
神田
神田駅周辺には居酒屋などの飲食店が立ち並ぶ。お馴染みの居酒屋もここの高架下にあります。
画像
2時ごろから歩き始めあちこち見ながら神田に着いたのは6時ごろでした。歩くと車や電車では見えないものが見えてきます。 約1万6千歩を歩きました。

銀座 ラデュレ サロン・ド・テ

ラデュレは銀座三越の二階にあるカフエです。1862年創業のパリの老舗でスイーツが人気です。
画像
以前から気になっていた店でここからは銀座4丁目の交差点の道行く人や車を眺めならを眺めながらコーヒーを楽しむことが出来ます。
画像
まだ時間も早かったので窓際に座る事が出来ました。小腹がすいたので注文したのはサンドイッチとコーヒー。 サンドイッチはこれで食事になるくらい、かなりのボリュームがありました。
画像
通りを眺めていると飽きる事はありません。ここが地価日本一なんですね。
画像
テーブルにはミニバラが生けてありお皿や食器はおしゃれです。
画像
              日産ギャラリー側からみた三越。 店を出るときには満席になり5人くらい待っていました。込む時は1時間以上待つそうですよ。 店頭のケーキ売り場も沢山の人が列を作っていました。 特にマカロンが人気でラデュレのマカロンはは映画マリーアントワネットでも使用されたんだそうです。 コーヒーは1,000円、サンドイッチは2,400円と銀座価格でした。場所代なんですね、埼玉では考えられない事です。一回限りの体験です。

東京散歩「北の丸公園」

北の丸公園は 国の直接管理のもとに広く国民一般に開放され利用されている国民公園です。
画像
夏の暑さも収まってきた初秋のこのごろ、散歩をするのにも気持ちの良い季節になってきたので北の丸公園をぶらり歩いてみました。 時折日の出るこの日は雲が程よい日陰を作ってくれました。 北の丸公園は、皇居に隣接し 旧近衛連隊の跡地を森林公園として造成したもので、中央部に広く明るい芝生広場と池が配置されその周囲や林内には自然観察路が巡ります。
画像
画像
都心に居るとは思えないような森の流れ
画像
ケヤキの下では外国人の親子が芝生広場でくつろいでいました
画像
大きく張った木の枝、楠の木かな?
画像
画像
良く手入された雑木林 木陰は涼しく緑のシャワーを浴びて気持ちのよい空間です
画像
ムラサキシキブが色付いていました
画像
隣接するのはヨーロッパの建物を思わせる国立近代美術館の工芸館です(旧近衛師団司令部の建物)
画像
斜め向かいには近衛師団団長を務めた北白川宮能久親王(きたしらかわのみや よしひさしんのう)の銅像がありました。 大手町寄りには東御苑があります。こちらはアルバムでご覧下さい。

今日の秋葉原

あの忌まわしい事件が発生したのは歩行者天国で賑わう6月8日(日) 一ヶ月が過ぎました。街は平静を取り戻しているようです。
画像
一つ入った裏通り いつも賑やか ビデオやパソコン関連の店が並んでいます 私が良く行くエリアです
画像
事件のあった交差点 犯人の車はこちらから向こうに暴走しました
 世界に知れるようになった「秋葉原」、買い物客で賑わう街に誰がこんな事件を想像する事が出来たでしょうか。日本中に大きな衝撃が走ったこの事件を忘れる事は出来ません。  人の沢山集る所を選び誰でもいいから出来るだけ沢山の人を殺す、車ではねた人や介抱する人を更にナイフでとどめを刺す、身の毛もよだつ恐ろしい事件です。 秋葉原が惨劇の舞台となりましたが銀座や新宿、渋谷などの繁華街でもよかったのでしょう。  小学生の頃から小遣いを貯めてはラジオの真空管やコンデンサー、ボリュームなどの部品を少しずつ買いに行っていた馴染みの街なのです。  二度と起きて欲しくない事件ですが今日も無差別に人を刺す事件が発生したというニュースを聞きました。 行き交う人も信じられない世の中なんてどう生きていけばよいのでしょう。  日本は治安の良い国と言われてきましたがそれも崩れつつあります。 それは社会が悪いから?耐性のない人が増えたから?教育の問題?  振り込め詐欺も急増中!「カネが手に入れば何をしてもいい」族が増えているのも事実のようです。 助け合って生きる平和な日本を取り戻したいものです。 アキバブログには事件発生時の様子が沢山書き込まれました
画像
献花台 事故の後は反対側にありましたが花や供物があふれ 歩道を狭めていた為こちら側に移されました
画像
平日にも拘わらず相変わらず賑わう中央通り
画像
駅前の元青果市場だったところは大きなビルが立ち並び すっかり街の表情が変りました

クリーン大作戦

5月30日はゴミゼロの日、わが町でも大宮アルディージャが中心となりクリーン大作戦が行われました。
画像
大宮アルディージャのホームタウンを綺麗な街にしようと毎月3回クリーン作戦が行われていますがゴミゼロの日には広く一般市民や地元企業の参加を呼びかけて規模を拡大して行われました。
画像
主催者挨拶と参加の選手
画像
参加予想人数150人くらいに対して集った人は約500人と予想を大幅に上回る人数になりました。 駅を中心に東口と西口に担当エリアを決めそれぞれの持ち場へ、回ってみるとゴミは意外と少ない、大きな袋も一杯になることもありませんでした。
画像
画像
テレビや傘などの粗大ゴミも集められましたが多かったのはペットボトルや空き缶、紙ゴミなど、タバコは禁煙ムードの高まりか以前に比べると少ないようでした。
画像
お陰さまで街はすっかり綺麗になりました。参加された皆さんお疲れ様でした。 ※この様子はNHK、6月5日(木曜日)、一都六県で11時40分頃放送されました。   

老袋の弓取り式

川越市東部にある老袋(おいぶくろ)の氷川神社で弓取り式が行われました。
画像
5人の「ユミトリ」が、直径約90cmの的に、桃の木で作られた弓で矢を3本ずつ射る神事。これによりその年の天候を占い、豊年を祈願するもので、県の無形民俗文化財に指定されています。見物客には終わってから甘酒と豆腐田楽がふるまわれます。
画像
2月11日、10時ごろ祈祷などの神事が行われ10時30分頃からこの弓取り式がおこなわれます。 かつては6歳までの男の子が『ユミトリッコ』として矢を射ていましたが、安全上の観点から現在は大人が矢を射ています。
画像
春、夏、秋と3回矢が射られ的の白い部分と黒い部分に当たった矢の本数を数えて、白の部分に多く当たると晴天が多く、黒の部分に多く当たると雨が多い年になると言われています。
画像
この結果によると「春は白が多く晴天に恵まれるでしょう。夏は晴れて暑い日が続くでしょう。秋はやはり晴天に恵まれるでしょう。総合的には農作物は豊作で生産者にも消費者にも良い年になるでしょう」という事でした。この通りに今年は良い年になって欲しいですね。
画像
終わってから豆腐田楽や甘酒が振舞われましたがこれは人気がありすぐなくなってしまいました。 座ったまま矢を射ると言うのは想定外でした。人が沢山集まるお祭りはなかなか思うように撮れませんね。 ※このビデオは27日(水)夕6時45分頃 NHK首都圏ネットワーク及び28日(木)朝5時40分頃のおはよう日本で放送されました。

街の花を守る人たち

花を見ると心が和みます。(動画あり)
画像
JR宇都宮線土呂駅前はケヤキやトチノ木が植えられて緑陰を作りいつも花が絶えることがありません。 ここは東京通勤者のベッドタウンとして朝夕は沢山の通勤通学者が利用してます。 近くには盆栽作りで有名な盆栽町や市民の森、大宮公園、広大な緑地見沼田んぼなどがありハイキングコースの起点にもなっています。 そんな駅利用者達に少しでも心の安らぎを与えようと花作りやその世話にボランティアで働く人たちが居ます。
画像
盆栽をイメージした駅前ロータリー
毎週一回10人程が集まり花の植え替えや除草、咲き終えてた花を取り除いたりし雨の降らない時期は水遣りも欠かす事ができません。
画像
ノースポール
時間は沢山あるので残された時間を社会の為に役立つ事、喜ばれる事に使っていきたいと話していました。 私もこの駅の利用者ですがどんな人たちが花の世話をしているのか知りませんでしたので今回はその人たちを取材したものです。
画像
パンジーとビオラ
お陰さまでいつも美しい花と緑の絶えない駅なのです。花は人の心を優しくしますね~

初参り

新年明けましておめでとうございます みなさん良い新年をお迎えのことと思います 昨年は事件や汚職など暗いニュ-スが目だつ年でした 石油が値上がりしてもう大変!他の物価も連鎖的に上がってしまうし 年金も実質的に目減りです 今年は経済の面でも明るさを取り戻して欲しいと願うものです 昨年は沢山の皆様から励みになるコメントを沢山戴きました。ブログで遠くの顔も知らない人と友達になれるなんてすごいネットの力です。こうして作り上げたブログの友は大きな財産です。これからもよろしくお願いします。 庶民のささやかな願いを叶えて戴こうと氷川神社に初参りしました
画像
ここ氷川神社は埼玉では一番人出の多いところで全国でも10指に入ります。 自宅から大宮公園を通りゆっくり歩いて30分ほど、散歩コースでもあります。
画像
次々人が押し寄せ警察官や警備員が入場制限をしながら入れていました。
画像
画像
大宮の地名は「大いなる宮居」で氷川神社に由来します。参道は2㌔ありますが、全部を歩く人はあまりいません。
画像
皆さん色々な願い事があると思いますが、私は先ず健康が第一なので死ぬまで生きられるよう?祈りました。

仮囲いのアート

前記、しましま公園に隣接して公共施設、プラザノースの建設が行われています。
画像
プラザノースは区役所や図書館、ホールなどの複合施設ですがこの建設現場を囲む仮囲いの塀にアートギャラリーがあります。
画像
建設現場というと「美」とは関係が無いというイメージですがそんなイメージを払拭するように市内の小中学生や高校生、市民らが描いた漫画や絵画などが額(シール)に入れられ飾られていました。
画像
最近では写真シールを仮囲いに張ったりする例も見られるようになってきました。建物が完成するまでの街のアートです。
画像
画像
画像
隣接の空き地には木下サーカスの大きなテントが張られ急ピッチで準備が行われていました。

小春日和の公園

画像
我が家から徒歩8分くらいの所にきたまち、しましま公園があります。 ここは元富士重工の工場跡地に作られたショッピングセンターに隣接する長さ500m程の細長い公園です。 今日は風の無い快晴の小春日和、木々の紅葉も進み公園に彩を添えています。
画像
この場所性は筑波山と富士山を結んだ軸線がこの敷地の中心を通り、その軸をデザインとして取り込み、ここにしかない場所性をつくる事を基本としデザインされたそうです。 この軸にそった3mごとの縞模様が公園全体のランドアートをなしています。富士山---筑波山軸を表す2種類の芝で創った縞模様はこの公園の愛称になっています。
画像
秋の穏やかな光が公園を包み込み紅葉した樹の葉をいっそう美しく見せていました。
画像
大聖堂が隣接しヨーロッパにいるような雰囲気を感じます。休日には結婚式が行われ教会の鐘が鳴り響き幸せを共有します。
画像
画像
芝生が広がり小さな子供を遊ばせるのには格好の場所、子育てママさんがベビーカーを押しながら集まってきます。 二人の孫もここで遊びます。

銀座スケッチ

画像
銀座の顔「和光」、このビルを見れば誰でも銀座と言い当てるでしょう。しかしこの日は休日の歩行者天国、お休みで店の前はここだけひっそり、いまどき土休日は休業と言うのも珍しいというか強気の商売。
画像
例年地価日本一になる鳩居堂前、どうして角から二軒目になるのか分かりません。 書画用品、便箋、のし紙、和紙工芸品、お香、線香などを売っています。店内は人でいっぱいです。地方の店だったらガランとしているでしょう。
画像
地方都市などは御馴染みになりましたが高級路線を行く銀座にもユニクロの時代なんですね。マツモトキヨシもあります。
画像
古い建物が解体され街並みも変わっていきます。どんな建物が出来るのでしょうか。 プランタンは改装し、銀座ハンズ(東急ハンズ)がオープンし有楽町駅寄りには円いビルの丸井もオープンします。
画像
休日は歩行者天国として車道が歩行者に解放されます。自由に反対側に行けます。
画像
ホコ天には犬も散歩に連れられてきます。大きな犬に人が取り巻きました。
画像
銀座三越は賑わっている。面積あたりの売上高は相当なものと思います。ここの入り口のライオン像のところはいつも待ち合わせの人でいっぱい。今はありませんがマクドナルドの一号店はここでした。当時は歩きながら食べる、なんて違和感を感じ顰蹙も買ったものです。
画像
道路の真ん中には椅子やパラソルが置かれ疲れたら道行く人を眺めながら休めます。 それにしても随分人が集まるものですね。やはり日本一の繁華街なのでしょうか。
画像
奇抜なデザインのミキモトビル、良し悪しは別として目だちますね。近くには曲がったビルの建設が行われています。 関連記事  東京散歩「銀座のフラワーカーペット」

秋雨

今日はしとしと雨の降る肌寒い日です。
画像
関東地方の二日前は気温が33度に達する、熱中症で死亡する人がでるほどの真夏の暑さでしたが今日は一転、11月初め頃のような上着が必要なくらいの肌寒い日になりました。 少しずつ涼くなればいいのですけれど、「自然は気まぐれ」あまりにも急な変化に体もついていけません。 猛暑の日本列島を急激に冷やしてしまう自然のエネルギーの大きさを感じます。
画像
画像
いままで真夏の暑さが続き元気をなくしていたベゴニアも恵の雨となり生気を取り戻したようです。

雨の散歩道

梅雨の時期に今日は雨だから、と家に居ては運動不足になってしまいます。 長時間パソコンの前に座っていると目が疲れるし体に良くありませんね~ 近くに見沼田んぼの緑が広がっています。ここはさいたま市の都市公園の計画もあるようです。
画像
市民の森は見沼田んぼにあり手頃な散歩コースです。 天気の良い日は家族連れが芝生広場でお弁当をひろげたりバドミントンをしたり思い思いに過ごしますが雨の日は誰もいません。
画像
ラベンダーは雨に濡れると一層青く見えます。
画像
サトイモの葉に溜まった水は重くなると時々流れ落ちていました。
画像
この葉を見ていると蓮を思い出しますが今、見頃になっているようですね。今年は見に行く機会がありません。

ワラ草履作り

   さいたま市の文化施設「旧坂東家住宅」でワラ草履作りの体験会がありました。
画像
今ワラ草履を履く人はいなくなりました。そして作れる人も少なくなってきました。日本の昔の暮らしや文化を継承する事は大切な事です。
画像
始めにワラを湿らせ編みやすいように木槌で良く叩きます。これをしておかないとあとで編むの大変になります。
画像
足の指に縄をひっかけ4本の間をワラを通しながら編んでいきます。自分の足に巾を決めていきます。巾を一定にするのが難しいようです。
画像
素足で感覚を掴みながら編むのがコツのようです。
画像
三分の二くらい編んだら鼻緒を一緒に編みこむように取り付けます。
画像
編み終えたらはみ出しているわらをはさみで切り整えます。毛虫のようだった草履が綺麗になってきました。
画像
ハイ!ワラ草履が完成しましたよ、出来栄えはどうですか。 年輩の人が多かったようですが草履つくりは始めてだったようです。若い人にも体験して欲しいですね。 鼻緒が長すぎたものや左右大きさが違ってしまったり相撲取りが履くような大きい草履になってしまったり、ま、初めての体験だからご愛嬌ですねっ! ※ このビデオは26日(月) 「NHKおはよう日本」で5時45分頃放送されました。

春を待つ不忍池

上野の不忍池畔を歩いてみました。 この日は弥生3月も半ばと言うのに北風の吹く春は名のみの冬のような寒い日、昼間でも気温が上がりませんでした。
画像
池之端にはあれ何っ!奇抜なデザインの建物が目に付きます。まるで子供がブロック積み重ねて作った木のような形のこの建物は、実はホテル、それも比較的グレードの高いソフィテル東京というホテルです。このホテル、都心に移転すると言う事で今年中に解体されるそうです。
画像
ユリカモメは杭に止まり翼を休めていました。海鳥ですが最近は埼玉でも見られます。
画像
柳は早くも緑の葉を広げ始めていました。夏は涼しい木陰を作ってくれます。
画像
鳩や鴨達は人が近づくと沢山集まってきます。でも誰でもというわけではありません。餌をくれそうな人を見分けているようです。

バレンタイン手焼きせんべい

今日はバレンタインデー 多くの男性方は今日チョコレートを頂いたのではないでしょうか。私もいくつか頂きました。 誰から? ん内緒。 昔はバレンタインデーでチョコレートを贈る習慣なんて無かったんですけれどね。
画像
埼玉県草加市はせんべいの生産地で 草加周辺では昔から、せん べいが手軽な携帯食として 親しまれていました。それは この地が良質な米と水、野田 産の醤油など、せんべいの原 料に恵まれていたからです。
画像
バレンタインで贈るものはチョコレートに限ったものではないのです。草加市では自分でハート型のせんべいを作って贈ってはいかが、ということで手焼き体験が行われました。 予めハート型に抜いた生地が用意され文字を入れ、焼いて醤油をつけラッピングして仕上げるというものです。 電熱の焼き台に生地を乗せ反らないように押し瓦で押さえながら何度も返しては焼いていきます。
画像
焼いたら文字や絵などを醤油をつけた筆で書いていきます。
画像
この作業が一番楽しいようです。
画像
文字や絵をを入れたら再び焼き上げ醤油を塗ります。(これはそれぞれ秘伝の醤油だれがあるそうです)
画像
醤油が乾いたら袋に入れラッピングして完成です。 これを貰った彼氏?は嬉しいでしょうね。心のこもった手作りのせんべいですから! 快く撮影に応じてくれた二人のお嬢さん、有難うございました。 ※このビデオは15日(木)午前11時30分過ぎのNHK、一都六県(関東ローカル)で紹介して頂きました。 草加市HP せんべい

生田神社参拝

神戸旅行の折、生田神社に参拝しました。駅から近い便利な神社です。 12年前の阪神・淡路大震災の時は屋根がつぶれるなど大きな被害を受けましたが今は綺麗に修復されています。
画像
地元市民球団オリックスブルーウェーブやヴィッセル神戸等野球・サッカーチームが毎年1月に必勝祈願に参拝し、多くのスポーツ選手が優勝に向けてその年の活躍と健康を神前に祈る神社としても知られています。
画像
生田神社はその名前の通り「生きた」「生まれた」と読み、昔から健康長寿の神、として知られていますが足腰の神様でもあります。健康の基本は足、いつまでも元気に山登りが続けられますようにと祈願しました。
画像
4日の参拝でしたがすごい人、人、で拝殿まで30分ぐらいかかりました。 ここは氏子企業も多く仕事始めの参拝者も多かったものと思います。帰るときはだいぶ人波は引いてきました。一番混んだ時だったかな?
画像

明けましておめでとう御座います

謹賀新年 今日は初参りです
画像
関東の正月の参拝者の多い神社、仏閣は鶴が丘八幡宮、明治神宮、成田山新勝寺、浅草寺などがありますが、大宮氷川神社は全国でも十指に入る埼玉で一番参拝者の多い神社です。 周辺道路は渋滞が激しいので20分余りですがいつも歩いて行きます。おなかをへこませる為にも、
画像
拝殿前は人がたくさん溜まるので警備員が人波の整理に大忙し。 特設のプールのような賽銭箱が作られていました。イテッ!遠くから賽銭を投げて人の頭にあたる事もあります。屋根の上に投げ上げ転がり落ちてくるのを受けて遊んでいる人もいました。ご利益があるんでしょうか。
画像
今年はどんな事をお願いしているのでしょうか。昨年はイジメによる自殺とか北朝鮮のミサイル実験とか飲酒による交通事故など暗いニュースが多かったような気がします。
画像
一番多いのは十円と百円硬貨です。千円も目立ちますが万札は近くに見当たりませんでした。バブルの頃は結構あったのですが・・ やはり庶民のふところにお金の入らない好景気なんでしょう。
画像
破魔矢も結構売れていましたよ。私は買いませんでしたが・・・あまり信じないんです。
画像
画像
絵馬に望みを託す人も多いです。今年こそいい人が見つかりますように・・とか、○×大学に合格できますように・・とか 宝くじで一億円当たりますようになんていうのもありました。
画像
境内では鳶によるハシゴ乗りが披露されていました。口をあけて見上げている人が多かったですよ。ワーッと言ったりオーッと言ったり、見ている人のリアクションも面白いのです。 肝つぶしという失敗して落ちそうになる演技に沸いていました。 新しい年が始まりました。今年もよろしくお願いいたします。

今年も終わろうとしています

近くの公園まで散歩しました。もう仕事納めも済み車の通りも少なくなっています。 途中の家では掃除をしたり門に門松を飾り付けたりしていました。
画像
                         駅前にある盆栽をイメージしたロータリー 
画像
                             早くも菜の花  テレビでは地方に帰省する人達の新幹線や飛行機の混雑状況を伝えていました。 我が家では帰省はありません。田舎に帰れていいな、などと思った時もありますがおみやげをかかえ混雑した乗り物で帰るのはやはり大変ですね。  海外に出かける人も曜日の配列が良いためか多いようです。  今年は景気が良くなったと言いますが庶民には全く実感の無いものでした。 暮れになってノロウィルスが蔓延していますがどうか風邪などひかない様、良い正月を迎えてください。  沢山の方に見ていただき、そしてコメントを頂き有難うございました。今年のブログはこれで締めくくります。

アートな学校

芸術の秋   ”樹々と光と風の情景”                安本氏 木版画作品展併設 校内美術展 版画家 安本秀を氏の作品 「もえる秋」 画像
中学校で美術教師をしている友人から学校内美術館を公開しているので見に来ないかとのお誘いがあり芸術鑑賞に行きました。 ここはさいたま市南部の住宅地にある市立中学校。 プロの版画家の作品も交え一般生徒や美術部生徒の力作が多数展示されていました。 玄関奥の飾りつけ 画像
磁器の絵皿と銅を打ち出した作品 画像
1年生のカラフルなキノコの作品  「不思議なキノコ」 画像
鑑賞する生徒たち ガラスアートとラッピング 画像
美術展特設会場 画像

歌声広場

♪♪ 更け行く秋の夜、旅の空の、            わびしき思いに、ひとりなやむ~ ♪♪
画像
近代的なビル街に歌声がこだましています ここはさいたま新都心のけやき広場 人工地盤にけやきの木が沢山植えられています 爽やかな秋風が紅葉の始まりかけた葉を揺らしています 懐かしい唱歌を唄おうと沢山の市民が集まりました そしてお昼休みのサラリーマンも歌声に聞き入っていました 心を一つにして大きい声で歌うことはとてもいいことです 私も学生時代新宿や池袋の歌声喫茶に通いました 歌は下手ですがあの雰囲気が好きだったのです 知らない人同士でもすぐ同化しました 軽妙なアコーディオンの伴奏 歌の世界に引き込む司会者 イギリスの古い酒場を思わせるような丸太の梁や木製のテーブル 20年位前でしょうか埼玉音鑑の仲間達と歌声喫茶を自分達の手で やってみようという事で市内の喫茶店を借り切り歌声喫茶を開いた事が 何回かあるのです。私はアコーディオンの伴奏をしました 沢山の人が集まってくれました 楽しい昔日の思い出となっています 今、昔の青春を懐かしむ人が再び集うようになってきたのです
画像
画像
歌声 「もみじ」

かかし

画像
実りの時を迎えた田んぼ ここまで実ったのは君たちのおかげ 毎日、来る日も来る日も立ち続けた 風の日も雨の日も もう直ぐ役目を終わろうとしている ごくろうさまでした ※このビデオは9月21日 NHK 一都六県の「ビデオレター」で紹介されました