仮囲いのアート

前記、しましま公園に隣接して公共施設、プラザノースの建設が行われています。
画像
プラザノースは区役所や図書館、ホールなどの複合施設ですがこの建設現場を囲む仮囲いの塀にアートギャラリーがあります。
画像
建設現場というと「美」とは関係が無いというイメージですがそんなイメージを払拭するように市内の小中学生や高校生、市民らが描いた漫画や絵画などが額(シール)に入れられ飾られていました。
画像
最近では写真シールを仮囲いに張ったりする例も見られるようになってきました。建物が完成するまでの街のアートです。
画像
画像
画像
隣接の空き地には木下サーカスの大きなテントが張られ急ピッチで準備が行われていました。

安倍総理が辞任

安倍総理が突然の辞任! 12日、こんなニュースが日本を世界を駆け巡った。 まさに晴天の霹靂
画像
<12日付け朝日新聞朝刊>
11月1日に期限が切れるテロ対策特別措置法に基づく海上自衛隊のインド洋での給油活動を継続する為、民主の小沢代表に呼びかけた党首会談を断られた事を理由に「けじめをつけたい」として辞任を表明した。 率直な感想は「どうしてこの時期に?」・・に対し「政策の遂行困難」と説明しているが一部には職務の放り出し、という見方も広がっている。 クラス委員長がクラスをうまく纏められなくなり「オレやめる」というのとは訳が違う。 任期まだ1年、総選挙も終えたばかり、参院選の敗北も理由の一つにあげているがそれならなぜその時点で退陣しなかったのか、という疑問が残る。 官房長官談話では自分の口からは言っていないが健康上の理由もあるという。 度重なる閣僚の不祥事にも「任命責任」に辟易していたのだろう。 ま総理大臣の仕事は”激務”である事は充分わかる。サラリーマンのように定時に終わり帰宅できるわけでもないし休みも殆どないに等しい。 病気入院の話も聞かれるが痩せてきているようですけれど健康第一です。 安倍総理、お疲れ様でした。ゆっくり静養してください。

大荒れ低気圧

画像
6日、7日と発達した低気圧による被害が各地で相次ぎました。 白馬岳や穂高岳での遭難、海ではさんま漁船や大型貨物船の座礁、遊魚船の転覆事故等 海、山の遭難事故のニュースが続きました。 これは前線上の低気圧に台風が二つ重なり勢力を拡大して大きな被害となりました。 このような時の海や山は本当に怖い。大きな自然の力の前に人はなす術もなかったようです。 亡くなった方にはご冥福をお祈りします。

北朝鮮ミサイル発射

5日早朝より北朝鮮ミサイル発射のニュースが流れ衝撃を与えた。
画像
これは一体どのような意図だったのだろうか。いろいろな憶測があるが不気味である。 北朝鮮は02年9月の日朝平壌宣言で「ミサイル発射のモラトリアム(凍結)の継続」を表明しており、完全な約束違反である。 国際社会の自制要求を無視したミサイル発射は、北朝鮮の核開発とも連動している。朝鮮半島情勢は緊迫した局面を迎えた。 北朝鮮は拉致事件を始め核開発、工作船による活動、偽ドル疑惑、麻薬密売等、資金稼ぎや抗争に対するヤクザののような存在のように思える。 隣の韓国も神経を尖らせている。北朝鮮は周りの国を皆、敵にしてしまうのだろうか。日本とアメリカだけではないようだ。

尊厳死か安楽死か

富山・射水市民病院、安楽死疑惑、外科部長は尊厳死を主張               画像  男性外科医(50)による患者7人に対する「安楽死疑惑」が浮上した射水市民病院(富山県)の麻野井英次院長が25日午後会見し、外科医は人工呼吸器を外したことについて「患者本人の直接の同意はないが家族の同意があった。患者のためにやった。尊厳死だ」と説明していることを明らかにした。  同日、緊急に院内調査委員会が発足した。カルテの記録や医師、看護師らの記憶を元に過去10年間に外科で死亡した患者について調査し、七つの事例がわかった。  この外科医は同病院の外科部長で、人工呼吸器を取り外す際の判断を単独で行った。7人は富山県在住の50―90代で、男性4人、女性が3人。いずれも末期状態で、うち5人はがん患者だった。2000年から昨年までの間に死亡した。  残されたカルテには「家族の希望」などと記されていた。だが、同意取り付けの経緯は不明確で、病院内での合意も十分とはいえなかった。延命治療の停止は、やむを得ない選択だったのか。  院長は会見で、「問題にしたのは、患者の意思が明確だったか、呼吸器を外すにあたって他の医師による確認などの手続きを踏んでいるかということだ」と説明している。              (複数新聞記事による) この問題については現場でも意見が割れているようである。 95年3月東海大事件・横浜地裁判決によれば     安楽死の要件として  1・死が避けられず死期が迫っている  2・耐え難い肉体的苦痛がある  3・苦痛を除く方法を尽くした  4・患者本人が安楽死を望む意思が明らか     延命治療中止の要件として  1・患者が治癒不可能な病気に侵され回復の見込みが無く、死が避けられない状況にある  2・治療行為の中止を求める患者の意思表示か、家族による患者の意思の推定がある  3・「自然の死」を迎えさせる目的に沿った決定である 同意があったとすれば間違った行為ではない。  私はこの医師は家族の事を思い、又本人の気持ちを思いこのような行為を決断したことと思う。この医師が罪に問われることになったら気の毒なことであり、日本の終末期医療を消極的なものにするものと考える。  回復の見込みがない患者をお金を使い、苦痛から逃れる術をも与えられず延命の為の治療を行う意味を私は見いだす事が出来ない。  終末期を迎えている患者にどう同意を取ればいいのか、昨年末、母を亡くした経験からしても早く楽にしてあげたいという思いが先にたった。  無為な延命治療は大きな経済的負担や精神的肉体的負担を強いられるものであると思う。   司法の判断がどう下されるか見守っていきたい。 (しばらく花を掲載してきて異質な内容になりましたが気になったので書いてみました)

銀盤の女王

荒川選手、金メダルを獲得、日本に今大会初のメダルをもたらした。                   画像 24日早朝 女子フィギア最終戦のメダル争いが行われた。 まだ殆どの人が出勤前という時間帯。日本中の人たちがテレビにくぎずけになった事と思う。 今回のオリンピックではメダルは無いのかとも思われたが、冬季オリンピック花形種目での快挙だった。 はらはらしながらも安定したミスの無い演技で完璧とも思える演技を見せてくれた。  冬季五輪での日本勢の金メダルは1998年長野大会以来で、2大会ぶり9個目。女子では長野スキー・モーグルでの里谷多英以来の2人目となった。  フィギュアでの日本人のメダルは、92年アルベールビル大会で銀の伊藤みどり以来2人目で、アジア勢としては初の金メダル。 荒川選手ありがとう バンザーイ! 荒川選手のホームページ

インクカートリッジ再利用

インクカートリッジ再利用訴訟、キヤノンが逆転勝訴
 キヤノン(東京)が特許権を持つインクジェットプリンター用カートリッジをめぐり、リサイクル品の輸入・販売の差し止めと在庫品の廃棄を、東京の輸入会社「リサイクル・アシスト」に求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産(知財)高裁(裁判長・篠原勝美所長)は31日、請求棄却の1審東京地裁判決を取り消し、キヤノン側の請求を全面的に認めた。  判決理由で、篠原裁判長は「特許発明の本質的部分について加工や変換が行われており、特許権者は差し止めを求められる」と述べた。  問題となったのは、使用済みのキヤノン社製カートリッジ本体に穴を開け内部を洗浄するなどし、他社製インクを注入、商品化したもので、リ社が中国から輸入、日本国内で販売した。  キヤノン社の特許は、カートリッジ内部を特殊な構造にすることで、物流時のインク漏れなど従来あった課題を解決した製品そのものと、生産方法に関するもの。 日経新聞 1/31
プリンター本体に対し消耗品であるインクカートリッジは非常に高い。画像 これは携帯電話の1円商法に似ている。 ハードは安く売ってシェアを確保しておきインクカートリッジで儲ける手法だ。 逆転判決という事は裁判長により見解が180度違うということになる。 この判決は消費者の利益にならない。だぶん リ社も上告することと思うが・・・ 私はリサイクル品を使ったこともあるが、詰め替え式の方が安いので、もっぱらこれを利用している。 エプソンの時はヘッドクリーニングを数回やる必要がありシ-ルがはがれやすく不調になることもあった。 しかしキャノンでは全く問題は無い。独立インクタンクで中が見えインクの確認できるところが良い。 そして印刷速度も速い。

あの老舗ブランドが

コニカ・ミノルタがカメラ・フィルムから撤退! 画像 これは衝撃、あの老舗ブランドが消えるとは・・・コニカ・ミノルタ、さくらフィルムは誰でも使ったことのある馴染みのあるカメラやフィルムだ。  時代はデジタルカメラ全盛。カメラ店には沢山のカメラが並ぶがフィルムカメラは隅のほうに追いやられている。  出始めの頃は30万画素程度でフィルムと比べられないような品質のものだったが、技術の進歩は目覚ましく小型化やその場で画像確認が出来、現像不要などの便利さが受けてすぐに追い越してしまった。    今ではフィルムカメラでは実現できない薄い小型カメラが人気だ。売場を見るとどれも同じような形で、同じような性能になっている。N社が大型液晶画面を取り入れると他社もすぐ追随した。そして液晶の大型化とカメラの小型化によりファインダーまで無くしてしまった。  もう目新しい技術を取り入れる余地は殆どなくなり成熟の域に達している。 加えて得意とする家電メーカーの参入もあり価格競争についていけない状況になり撤退に追い込まれた。  ニコンもフィルムカメラから事実上の撤退を決めている。  消費者には小型高性能なカメラが安く手に入るようになったのは有難いがメーカー間の競争は熾烈だ。  

今度は3億円の損

 昨年末のみずほ証券誤発注で20億円儲けた男性(前出、現代の錬金術師) 今度はライブドア騒動で3億円の損をしたという。  この人は主にIT関連に投資をしていたようだが、ライブドア55万株ほかダイナシティ株は強制捜査騒動で大きく値を下げこの男性も売り注文を出したが、東証が売買停止になり取引が成立しなかったという。これは5年間で過去最大の損失だそう。  株式投資はこういうことがあって当たり前、損することがある。  ま、それでも相当な利益を生み出してきた。パソコンで居ながらにして100億の資産を作りあげたというから株式投資の神様のよう。  国税庁が黙って見ているわけはなく、大きな利益に注目し近いうちにマルサの手が入る模様。
posted by ミニミニ放送局 at 11:35Comment(0)TrackBack(0)

現代の錬金術師

 みずほ証券のジェイコム株誤発注で大損害を出した裏には20億の大儲けをした人がいた。画像 それは千葉県市川市に住む無職(ネットトレイダー)27歳の男性。室内にはパソコンのモニター6台が並び停電補償装置を備え常に株価の動きを注視している。  朝株式市場が開く9時前にはパソコンの前に座り取引を終える3時まではモニターから目を離さない。  この男性もジェイコム株誤発注があった時、目にとまり当然買いを入れた。  160万円で株を始めて5年間で50億以上の資産家になったという。 銘柄を選ぶ時の尺度として一般的な株価収益率や株価純資産倍率などは全く見ないという。 この人の持つ勘と反射神経が武器のようだ。  最初は長期保有で少しずつ利益をあげていたが00年、ITバブルが崩壊し株価が乱高下するようになったので、短期売買に切り替え、二ヵ月後には元金が279万円に、1年後には6100万円と大儲けしたという。  02年ごろまでは下げ相場だったので、リバウンドを狙い下がっている銘柄を買うという手法をとったという。  この辺までは儲けられ楽しかったという。そして03年末には2億7700万円、その翌年には10億円を突破。 寝ていても保有株が暴落する悪夢を見てうなされたそうだ。  自分の金でも相当神経を使ったらしい。なので他人の資金を運用するようなファンドは絶対やらないと語っている。  私もネットトレーダーの一人だが損はしないまでも2割くらいの利益に留まり神経を使って毎日動きを見るようなことはしていない。いつのまにか値上がりしたときのささやかな楽しみと捉えている。  下がってしまった時は塩漬けの放置状態の時もあったが、最近は市場に活気が戻り面白くなってきた。
posted by ミニミニ放送局 at 11:33Comment(0)TrackBack(2)

今年の漢字は

画像 今年の世相を象徴する「今年の漢字」が日本漢字能力検定協会から発表され、清水寺、森貫主により力強く「愛」と大書されました。  今年は「愛地球博」「紀宮さまと黒田さんの結婚」「福原愛」の中国での活躍、そして又児童殺害事件続発など「愛の足りない事件」もありました。  因みに昨年の漢字は台風被害、地震、猛暑、そしてイラクなどでの殺害事件等があり「災」の漢字があてられました。  経済情勢も好転して明るさが見えてきています。  今年の愛の方が、いい感じ、ですね。  来年はどんな年になるのでしょうか。

構造計算書偽装問題

 耐震性など建物の設計強度を決める構造計算書を一級建築士が偽造していた前代未聞の事件が発覚し大きな問題となり、毎日報道されている。  東京、千葉、神奈川、愛知等数十棟というマンションやホテルで既に営業中や居住しているものもあるという。  設計図は一階から9階まで同じ太さの柱と鉄筋量だったというが、これは素人にも分かりそうな問題。  震度5強の地震で倒壊する恐れがあると言いいこの程度の地震は明日にもやってくるかも知れない。  地震で倒壊したら誰がどう保障するのか、問題は深刻だ。その隣に住んでいる人も怖い。 損害額は数十億か数百億か、姉歯建築師が個人ではとても負担しきれるものではない。  すでに破産申請をだした会社もあるというがなにか責任逃れのように思えてならない。 食費を削り、3万円の小遣いを2万円に削り、30年のローンを組み毎月10万円以上の返済をし、 やっと手に入れたマイホームが地震で倒壊するかも知れないとなったらこれは大変なことだ。  姉歯建築師に鉄筋の量を減らした設計図を書かないと事務所を変えるぞ、という圧力もあったという。しかしプロとして超えてはならない一線があるはず。  私が建築師だったら危険で理不尽な要求をされたら一部の仕事を失っても断るが、 コスト削減がこのようなところにも押し寄せてきた結果だろう。  建築確認申請を審査する機関も偽造を見抜けなかったと言うが、審査が形式的に行われていたのか、制度上の問題もあったと思われる。 このような事件は氷山の一角というほどでないかも知れないがほかにもあるだろう。  責任のなすりあいも起こり始めている。  安い不動産物件は何か裏があると考えた方がいいようだ。 問題の根は深い。

止まない振り込め詐欺

横浜市の男性、振り込め詐欺で約5000万円被害・過去最高か
 横浜市西区の無職男性(61)が、東京都内に住む長男(30)を装った男から「会社でトラブルがあった」などと電話があり、指定された郵便局の口座に振り込んだ計約5000万円をだまし取られていたことが12日、分かった。神奈川県警戸部署は振り込め詐欺事件として捜査している。  これまでに明らかになった振り込め詐欺事件で、1人からの詐取金額としては過去最高とみられる。  調べによると、男性は9日午後8時半ごろ、男から電話で「会社で帳簿上のトラブルがあり、穴埋めしないと大変なことになる」などと言われ、10、11の両日に六回にわたり計約5000万円を振り込んだ。  長男がトラブルに巻き込まれたと信じた男性が11日夜に同署に相談。男性が長男に確認して事件が発覚した。
新聞報道より  初めは交通事故を装った詐欺事件が多かったが、今その内容は痴漢、医療事故、など多様化している。  犯人たちも相当頭を使っているようだ。電話だけで姿を現さず大金を騙し取る手口はなかなかのもの。 今では振り込め詐欺を知らない人はいないはず。 それでもひっかかってしまう。劇団型が多いようだが、私はそのような詐欺には絶対ひっかからない、とは多くの人が思っているだろう。敵も巧みな心理作戦でやってくるらしい。  被害者は冷静に考える余地もなく、怯え、早く振り込まなければ大変なことになる、と慌てて金融機関にやってくる。 早く有効な防止策を打ち出して欲しい。  
posted by ミニミニ放送局 at 22:15Comment(0)TrackBack(0)

高速道路民営化

 昨日、日曜日首都高速を新井宿から湾岸線を経て横浜まで走った。 日曜日の朝ということで渋滞もなく順調に走れ、大宮の自宅から、みなとみらいまで約1時間10分 だった。(今までの最速は1時間5分) 特に飛ばすことなく流れに乗って走った。 いつもこのように走れるといいのだが、倍はかかる。渋滞が激しければ、3倍も。  事故でもあるとこれは大変、途中で出ようにも出られなくなる。 到着時間を読むのが難しい。 民営化についてテレビのインタビューを聞いていると渋滞をなんとかしてほしい。 料金を無料にするか、安くして欲しい、という声が多い。 償却の済んだ道路は無料にするというはずだったが、赤字道路の穴埋めに使われる形になり無料化されていない。  高速道路は東京を中心に考えられていて殆どの車が東京に流れ込む。 そのことで、東京に住む人や東京に勤める人にとっては、大変便利な道路になった。ところが、全ての車が一旦は東京の都心に集まることで、首都高速道路は大変な渋滞の原因になっていることに、あるとき気がついた。  しかし、既に遅く、地価の高騰等で、立ち退きが簡単にはいかなくなった。日本の主要都市で、唯一バイパスの無いのが東京であると言われて久しいが、どうしようもない状態になってしまった。 さらに、放射状に延びた道路と、首都高速とが次々と繋がり、2車線どうしの道路が合流しても、2車線のままである。  これでは高速道路とは名ばかりであるのは当然であるが、今となっては根本解決は難しい。首都移転でもしなければ解決不可能かもしれない。  巨額の費用がかかるアクアラインが本当に必要だったのか、また、四国と本州とを橋で結ぶのに、どこに橋を架けるかで、大騒ぎになり、結局3本架けてしまい、それで巨大な借金を生むことになった。  この借金は結局国民の肩にかかる。  今、高速道路をどうするかの議論が始まった。利権党である自民党の族議員は、計画されている道路は、全て造れと主張している。  直接・間接にジェネコンと繋がらない議員はいないともいわれている。  高速道路は国道であり欧米のように、本来無料で利用できるはずだが、 民営化するということは結局無料にはならないということ。  無料にならないなら無駄な経費を無くし、渋滞の解消策となる、環状道路を整備して欲しいと思う。

次世代DVD

 次世代DVDの規格統一が実現せず、「HD―DVD」と「ブルーレイ・ディスク(BD)」の2方式の商品が当面、併存することが確実になった。  両陣営の交渉が決裂し、東芝が28日、年末からHD―DVDプレーヤーの限定発売に踏み切ると表明したからだ。BD陣営のソニーと松下電器産業も強硬姿勢を崩さず、「消費者不在」との批判が高まりそうだ。  IT業界を代表する米マイクロソフトと米インテルも27日、「HD支持」を表明。追い風を受けたHD陣営は、IT業界での劣勢を巻き返す意気込む。  どちらかの方式に統一されることを期待したが、両陣営とも引かなかった。 これではビデオのVHS対ベータ戦争の再来になりかねない。  どちらも我がほうの技術が優れていると主張しあっている。 いずれどちらかの方式に固まると思うが、敗れたメーカーや消費者の経済的損失は大きい。 日米のソフトメーカーも両方に割れている。 消費者としてどちらを選んだらよいのか、決して安い買い物ではない。 しばらく様子見で優勢になったほうに流れるのではないだろうか。  私としては、製造コストが安く、互換性のあるHDを支持したい。
posted by ミニミニ放送局 at 11:13Comment(0)TrackBack(1)

変貌する秋葉原

 秋葉原の記事を前にも書いたが、今回は東口地区のヨドバシカメラ。画像 「日本最大級」が謳い文句。 なるほど駅前にドカッとデパートが出来たような佇まい。 地上9階、地下6階、売り場面積23000平方メートルという威風堂々たる外観。 再開発地区に建てられた。  駅直結、雨でも傘いらずで店内に入れる。 ヨドバシカメラとはいうもののパソコン、化粧品、時計、家電、ゲーム、玩具、自転車 模型、旅行、本、ゴルフ、最上階にはレストラン街などデパートのよう。  有楽町のビックカメラの大きな看板が駅構内にあり激突の様相を呈している。 行った日は平日にもかかわらず大勢の客で賑わっていた。 売り場によっては歩くのもままならない。  TBSの「王様のブランチ」女王様のお買い物、の取材があり、はしのえみさん登場で 人垣が出来ていた。 既存店にとってこの出店はどう写っているのだろう。黒船襲来か。 秋葉原の集客効果がさらに高まることは間違いない。
posted by ミニミニ放送局 at 20:50Comment(0)TrackBack(0)

台風14号

台風がまたもや上陸。 前回は関東付近に上陸したが、今度は、九州。 アメリカに上陸のハリケーン「カトリーナ」より大型だと言う。 カトリーナは低地帯を襲った為か大きな被害を出した。 大国アメリカであっても大災害にはなすすべもない。 テレビの映像を見ているとすごい。 私は大きな台風被害の経験はない。 我が埼玉県はたいした見所もなく平凡なところだが、 災害が少ないのはありがたい。 平野部は海抜高度が低く一部低地では冠水被害は 出る。  でもすぐに水は引く。 このような時に「備えあれば憂いなし」の言葉が生きる。
posted by ミニミニ放送局 at 17:21Comment(0)TrackBack(0)