2019 さいたま映像 公開映写会のご案内

2019年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   2019年11月24日(日) 時間   1時30分開映  (1時00分開場) ところ  彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール       JR埼京線与野本町駅より徒歩7分 終映予定 4時30分 IMG_0001.jpgIMG_0002.jpg 主催  さいたま映像 (創立1953年 アマチュア映像作家集団) 会長 島野 光男 後援  さいたま市 ・ さいたま市浦和趣味の会連盟  私の作品は最後に上映されます どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。 御来場をお待ちしています。
posted by ミニミニ放送局 at 20:21Comment(0)

2016 埼玉映像公開映画会のお知らせ

2016年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   2016年11月27日(日) 時間  1時00分開映  (12時30分開場) ところ  彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール       JR埼京線与野本町駅より徒歩7分 終映予定 4時30分
画像
クリックで拡大されます 主催  さいたま映像 (創立1953年 アマチュア映像作家集団) 会長 田村 尚男 後援  さいたま市 ・ さいたま市浦和趣味の会連盟 ・ さいたま市文化協会 私の作品は13番目に上映されます どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。 御来場をお待ちしています。
posted by ミニミニ放送局 at 21:46Comment(0)TrackBack(0)

空撮 大宮公園

大宮公園(第二)を空から見てみました。
画像
この公園は脇を流れる芝川の洪水調節地としても機能してます。真ん中にはひょうたん池がありそして回りの土手には桜が植えられこれからは花見の人たちで賑わいます。
画像
この日は曇りでしたが風も無く静かで飛行日和です。高度110mからマルチコプターで撮ってみました。
画像

2014 さいたま映像 公開映画会のご案内

2014年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   2014年11月23日(日) 時間  1時30分開映  (1時00分開場) ところ  彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール       JR埼京線与野本町駅より徒歩7分 終映予定 4時20分
画像
主催  さいたま映像 (創立1953年 アマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市 ・ さいたま市浦和趣味の会連盟 ・ さいたま市文化協会 私の作品は13番目に上映されます 埼玉県の名峰、甲武信岳からジャクナゲの美しい十文字峠まで旅をしました。 どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。

You Tubeより印象に残った映像を紹介

動画投稿サイトYou Tubeには様々な動画が投稿されています。 その数は毎分60時間分、そして世界全体での再生回数は、一日あたり 40 億回以上といいます。 凄い数の動画が毎日蓄積されています。 その中でユニークなものや印象に残ったものなど私のお気に入りの動画をいくつか取り上げて見ました。 haruyuki onoue さん 「桜の花が咲く松代城」 長野市にある松代城跡に咲く桜を美しく描き石垣と桜の組み合わせが良い雰囲気を醸し出しています。 又天気が良い日には天守跡から白銀に輝く北アルプスの絶景を見渡す事が出来、落ち着いたBGMと共に癒される映像です。 信州の自然美を捉える事を得意とした作家で最近は先進的な4K映像も手がけています。 You Tubeでも高精細な動画が楽しめます。 AQUA Geo Graphicさん 「4K ULTRAHD SAKURA 4K映像 桜」 日本各地の桜名所を取材した作品でこちらも4kの高画質の映像が楽しめます。 国内海外のネイチャービデオ、風景映像、観光・旅行映像等を得意とするプロの作家です。 Shinji kawamuraさん 「2014 diamond dust ★ ダイヤモンドダスト 」 本州ではなかなか見られない厳寒の北海道で見られるキラキラと美しいダイヤモンドダストを捉えた映像です。 最も良い瞬間を待ち、それを記録された北海道の動物や自然を紹介している映像作家です。 Kazu Channelさん 一眼クラス最強のコンデジ! ここではキャノン・パワーショットを紹介、購入する際の参考になります。 仕事はWEB屋だそうですが軽妙な口調で各種新製品レポート、DIY,旅行、パソコンなどを幅広く解説、とても参考になる動画サイトです。 ブログも多数UPされているWEB人なんですね。 oginさん 「恐怖の遠心力実験」 バケツに水を入れグルグル回してもこぼれない、では鉄棒にぶら下がりバケツと一緒に回ったらどうなるかという体を張っての実験が面白い。あれれ膝の裏が赤くなってしまった! 旅ものや土下座のランク別やり方などユニークかつ軽妙な語り口が面白い 編集もテンポ良く手馴れたものです Rachel & Junさん 日本人がアメリカでしてしまう失礼な事 【What not to do in America】 街で人とぶつかった時あなたは・・・ 気がつかなかった事を色々解説しています。 アメリカ人が日本で感じたことを英語字幕を流しながら分かり易く説明しているので英語の勉強にもなります。 バイリンガール英会話さん バイリンガール英会話【#182】はとバスガールやってみた! お仕事体験シリーズ、今回はハトバスに挑戦 200本近い英会話シリーズ、それはシアトル育ちの帰国子女「ちか」さんがお届けする楽しい英会話 声が良く明瞭な発音は分かりやすい。編集も上手でテンポ良くみんな最後まで見てしまうほど引き込まれます。

2013 さいたま映像 公開映画会のご案内

2013年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   2013年11月24日(日) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ 彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 終映予定 4時
画像
主催  さいたま映像 (創立1953年 アマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市 ・ さいたま市浦和趣味の会連盟 ・ さいたま市文化協会 私の作品は8番目に上映されます 厄病除けのために始まった全国でも珍しい明るくユーモラスな葬式祭りです。 どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。

山岳映画会のお誘い

下記の通り豊島区及び横浜に於いて山岳映画会が開かれますのでお誘い合わせの上ご来場ください 山岳映画サロンの夕べ   2013年6月11日(火)   豊島公会堂   上映 6:15~9:00
画像
第14回横浜山岳映画会   2013年6月14日(金)   神奈川公会堂   6:20~9:00
画像
槍ヶ岳山荘グループ創業95周年記念映画会   2013年7月3日(水)   豊島公会堂   6:00~9:00
画像

2012 さいたま映像 公開映画会のご案内

2012年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   2012年11月25日(日) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ 彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 終映予定 4時
画像
主催  さいたま映像 (創立1953年のアマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市  さいたま市浦和趣味の会連盟  さいたま市文化協会 私の作品は12番目に上映されます どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。 ※当日は気温は低めでしたが風もなく晴天に恵まれた三連休の行楽、紅葉シーズンの為か入場者は例年の8割くらいに留まりましたがご多用中私たちの映画会の為にご来場頂きありがとうございました。 この様子はブログの女帝「いつもばらいろさん」に遠いところをご来場頂きブログに紹介していただきました。 有難うございます。

2010 国際放送機器展

国際放送機器展(Inter BEE2010)が幕張国際展示場で行なわれました
画像
放送関係のカメラや編集機器、伝送システムなどの最新機器や情報が得られる国際展示会です。 駅から大勢の人の列がゾロゾロ会場まで続きます。
画像
数年前の展示会ではハイビジョンのHDシステムが展示の中心でしたが今年の展示で目立ったのはどこもかしこも立体映像の3Dシステムでした。既に家庭用3Dカメラも発売されています。 各社とも大型画面に二重に見える画像を映し出し専用メガネで3D映像を体験させていました。 しかし私は3D映像には興味がありません。 販売されている3Dテレビも2パーセントに満たないとか。 ここでは専門的な内容はさておいて大手メーカーではカメラ収録を実際に体験できるスタジオコーナーを作り華やかな演出によりカメラやレンズ性能をアピ-ルしていましたのでこれを紹介します。
画像
画像
           ひときわ大きなソニーブース
画像
          最新のHDカメラシステム           自由に操作し画質を確かめられます カメラの性能が良くなったように見える美人をそろえていました。
画像
           秋の山をイメージしたスタジオと山ガール 主に見て回ったのは三脚や照明、マイク、小型ハンディカメラ編集ソフトなどです。 最新機器や情報に触れ充実の一日でした。

2010 さいたま映像 公開映写会のご案内

2010年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   2010年11月28日(日) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 終映予定 4時
画像
主催  さいたま映像 (創立1953年のアマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市教育委員会  浦和趣味の会連盟  さいたま市文化協会 どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。 お陰様で秋晴れの行楽日和にもかかわらず沢山の方のご来場を賜り盛会裏に終えることが出来ました。 来年も11月20日に同じ会場で行いますので是非ご来場ください。 又私のブログの友であり人気ブロガーの「80歳学ぶ楽しむいきいきダイアリー」いつもばらいろさんにも来場頂けたことは大きな喜びとするところです。 ブログにも取り上げていただき感想を上手な文章でまとめて頂きました。私たちの作品に感動していただければ作者冥利に尽きるところです。 ありがとうございました。

さいたま映像 2009公開映写会のご案内

2009年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い
画像
とき   2009年11月28日(土) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 第一部  1時  1. 輝く吹奏楽部に生きる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・出井 伸芳  2. 時の残したもの・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・藤井 千和子  3. 蛇も蚊も祭 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・柳内   功  4. 残雪に輝く穂高連峰・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川上 光枝  5. 大正にタイムスリップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蓜島 精弥  6. 豊葦原の瑞穂の見沼・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小林  昭   第二部     7. チュニジアへの道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・島野 光男  8. 厳寒の朝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 滝村 宏幸  9. 雪と墨塗り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 利根川 幸雄   10.祭り恋しや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高岩 英雄  11.横手の雪祭り-ぼんでん奉納-・・・・・・・・・・・・・・・・・・田村 尚男    12.ホタル群れ飛ぶ日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川田 猛男   終映予定 4時15分 主催  さいたま映像 (創立1953年のアマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市教育委員会  浦和趣味の会連盟  さいたま市文化協会 私の作品は5番目に上映されます どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。

第12回 足利山岳映画会のお知らせ

11月21日(土)足利市にて山岳映画会が開かれます。    場 所 :足利市民会館    時 間 :1時~4時40分    会場費 :500円
画像
クリックで拡大できます
私の友人が主宰する映画会です。お近くの方はお出かけになりスクリーンで大自然をお楽しみ下さい。
posted by ミニミニ放送局 at 15:58Comment(0)TrackBack(0)

山岳映画会のお誘い

山へのロマンを語ろう 山岳映画サロン映画会
画像
期 日:平成21年3月24日(火)   開 場:5時45分   上 映:6時15分~9時 会 場:豊島公会堂(池袋駅東口歩5分・三越裏手) 入場無料 プログラム   ①越後三山 中ノ岳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 伊東 達雄   ②霊峰白山 別山稜線に咲く花・・・・・・・・・・・・・・・・・安田 正   ③旅行けば 久能山から浜石岳・・・・・・・・・・・・・・・・・瀬尾 篤操   ④じいちゃん達のエベレスト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・舟橋 栄子   ⑤花の高原と薬師岳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 鈴木 吟次郎   ⑥神苑苗場山 天空の花園・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 伊藤 弥八     主 催 :山岳映画サロン  東京野歩路会 協 賛 :アルパンツアーサービス㈱   私の所属する会の公開映画会です。 東京とその近在の山と自然を愛する方の沢山のご来場をお持ちしています。

新春

新年明けましておめでとうございます    良いお年をお迎えの事と             お慶び申し上げます                     今年もよろしくお願いします
画像
今年も我が家から近い氷川神社に初参りをしました ここ大宮氷川神社は毎年全国のベストテンに入る参拝者数があります
画像
元日の午前中でしたがピークだったのか入場制限がかけられ拝殿にたどり着くまでに かなりの時間がかかりました
画像
広い境内は人波で埋まりました
画像
楼門をくぐって拝殿へ 拝殿に着くまで入場制限が3回ありました いつもと違って拝殿までがすっごく遠い!
画像
皆さん何をお願いするのでしょうか 私は100円で交通安全と家内安全と健康と世界平和ともう一つ良いビデオ作品が作れるようにお願いしました 欲張りすぎかな? いつもお金の見えるプールのような賽銭箱でしたが今年はニュータイプのものに変わりました
画像
破魔矢も良く売れています
画像
元日恒例のとび職組合による梯子乗りが行われました 見る人はハラハラ 職人は晴れの舞台です
画像
 大丈夫? 気をつけてよ 上手い! 演技のたびにどよめきや拍手が巻き起こりました
臨場感を出す為に現場音を残しBGMはつけませんでした       ~今年も良い一年でありますように~ このビデオは「NHK一都六県」ビデオレターで放送されました

足利山岳映画会の御知らせ

第11回 足利山岳映画会が開かれます  1 1 月2 9 日( 土)  足利市民会館 別館ホール               0 2 8 4 - 4 1 - 2 1 2 1 ( 有楽町8 3 7 ) 開場  12:30 開演  13:00-16:40 会場費 500円(市民会館・プラザ前売有り)   ・高校生以下と在日外国人無料   ・ネパールチャイサービス 山の本 カレンダー展示 後援団体紹介映画併映
画像
プログラム 1 『トーミの頭から前掛山へ』                     13分 松本  吉野 和彦  噴煙たなびく浅間山。今は、登山規制の前掛山の眺望に圧倒される。 2 『天狗の本札』                            10分 足利  石川   勝  両崖山の西、天狗山6登山者に、と木札のお守りを作り続ける男がいるこ 3 『追悼上映=ライチョウ親子の物語』                 6分 市川  鈴木 義行  絶滅危惧種雷鳥の住みにくい自然環境を取り上!たアニメ作品。 4 『花の山旅トムラウシ山』                       16分 船橋  鈴木吟次郎  溶岩台地に広がるお花畑を求めていつもの仲間とテント泊で黒岳から  トムラウシまで縦走。 5 『信心』                                  10分 足利  石川  勝  日光男体山。7月13日、葛生の田名網忠吉さん83才の1111回目  登拝記録。 6 『御岳山お鉢めぐり」                          15分 東海市  安田 正  今に続く信仰の山。願い求め登る人々。天候に恵まれ、雄大な眺めが  魅了する。 <休憩> 7 『錦秋の鏡平』                             16分 東海市  安田 正  新穂高から入山.山は、数日来の雪景色と二段紅葉の織りなすドラマだ。  夜空に稜線のシルエットが浮かび、槍への山なみは圧巻. 8 『稜線漫歩』                              10分 太田  大谷 一夫  北アルプス.山頂を目指す目的は無く、尾根に出て景色を眺め、満喫。 9 『白銀に夢中だ!』                           10分 足利  石川 文男  テレマークスキーのベテラン作者がその醍醐味を伝える。 10 『八ヶ岳初秋の稜線で』                       10分 練馬  伊藤 弥八  八ヶ岳の秋のはざま、稜線には夏の華やかさが去り瞑想する静かな  山小屋の世界が広がる。 11 『構火(ほたび)よ』                          10分 和光  平野 隆弘  芳野満彦17才の冬・八ヶ岳で遭難.友は凍死し自分は両足先切断。  不屈の闘志はマッターホルンヘ (全国映像コンテストグランプリ受賞) 作品の順序は予告なく変更する場合があります。        心の洗濯 ~魅惑の山々を大型スクリーンで堪能~ 私の友人が主宰する山岳映画会です。 山と自然を愛する人 是非ご来場下さい

CEATEC JAPAN  2008

アジア最大規模のIT及びエレクトロニクスの総合展示会(シーテックジャパン)が幕張メッセで開かれたので情報収集に出かけました。
画像
会期は9月30日から10月4日まで。海浜幕張の駅から電車がつく度に大勢の人が吐き出されてそれが会場まで続いていく。 入場料は1,000円ですがWebで事前登録すると無料で見られます。 8ホールまである会場を全部使って行われました。
画像
超薄型テレビや4Kと呼ばれるハイビジョンTVの4倍の情報量を持つ高精細TV、まわり中から音が聞こえる5.1チャンネルTV、Web対応TVなどが展示の中心でした。
画像
日立はビジュアルグランプリ2008 特別金賞 & ホームシアター大賞金賞 受賞 をアピールしていました
画像
三菱のコーナー DVDにハイビジョン記録が出来るというブルーレイレコーダーも 録画時間は短いがDVDは安くなったのでお徳
画像
長年親しまれた松下電器・ナショナルは ブランド名をパナソニックに統一 世界最大の横幅3.3メートルという150インチTVも
画像
今年のトレンドは超高解像度 ハイビジョンを更に綺麗に高画質で表示 なるほど近くで見るとシャープな絵です
画像
画像
ギター演奏を取り入れ客の足を止めさせる演出も
画像
ソニーは昨年有機ELテレビを出したが今年は磨きをかけ更に大きい画面で楽しめる様になった 画質はこれでもテレビかと思うような上質なもの 高画質テレビの究極の姿かも
画像
ソニー、ブラビアのコーナー 今年は更にミリ単位での薄型競争 ダンボールくらいの薄さ、テレビが一枚、二枚! 果たしてこんなに薄くする必要があるのでしょうか
画像
液晶テレビの地位を築いたシャープ・アクオス 世界に「亀山」を有名にした
画像
各社とも美人を揃えてアピール
我が家のTVはハイビジョンですが地デジチューナー無しのブラウン管TVです。 まだ綺麗に写るのであと2~3年は使うつもりです。 もっと詳しく知りたい方は CEATEC JAPAN 公式HP 過去記事「CEATEC JAPAN 2007]
posted by ミニミニ放送局 at 20:29

さいたま映像 2008公開映写会のご案内

2008年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い
画像
とき   2008年11月29日(土) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 第一部  1時  1. 南八ヶ岳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川上 光枝  2. 巌正寺の水止舞 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・柳内  功  3. ぐんま緑化フェア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 出井 伸芳  4. SL磐越西線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 持下  甫  5. 白谷沢を遡る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林  昭  6. 剣豪のふる里・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 藤井 千和子   第二部  2時30分 ハイビジョン上映  7. エジプト紀行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小松 英雄  8. 紫陽花の咲くころ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 島野 光男  9. サンヨ さんよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 利根川 幸雄   10.河童めぐり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高岩 英雄  11.萩平農民歌舞伎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 滝村 宏幸   12.北岳に咲く白い妖精たち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田村 尚男  13.碓氷紅葉譜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川田 猛男   終映予定 4時15分 主催  さいたま映像 (創立1953年のアマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市教育委員会  浦和趣味の会連盟  さいたま市文化協会 どなたでも自由にご覧いただけます。お誘い会わせの上お出かけ下さい。

さいたま映像 2007公開映写会のご案内

2007年 さいたま市民文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い
画像
とき   2007年11月25日(日) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 第一部  1時  1. カリブの王様・フリーダム号・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小松 英雄  2. 三河手筒花火 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・藤井 千和子  3. SLばんえつ西線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・持下 甫  4. 泥の祭典・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 金子 安男  5. 花の競演・燕岳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川上 光枝  6. 水ぬるむころ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・利根川 幸雄  7. 雲取山荘の四季・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田村 尚男 第二部  2時30分   8. 天目山の道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・滝村 宏幸  9. 平林寺半僧坊大祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高岩 英雄   10.自然農を楽しむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出井 伸芳  11.山上げ祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・柳内 功   12.阿武隈川渡河・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川 保蔵  13.カビータさんの国、ネパール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・島野 光男  14.大日岳 稜線漫歩・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 配島 精弥  15.清さんとフォークダンス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川田 猛男 終映予定 4時15分 主催  さいたま映像(創立1953年のアマチュア映像作家集団) 後援  さいたま市教育委員会   浦和趣味の会連盟 私の作品は終わりの方14番目に上映されます。お近くで都合のつく方は是非お越し下さい。 皆様のご来場をお待ちしています    

2006 国際放送機器展

放送・映像制作関係者などを対象とした展示会「Inter BEE 2006」国際放送機器展が幕張メッセで開催されました。
画像
27カ国、733社が出展という過去最大規模だそうです。 放送業務に携わる者ではないので中継装置・スタジオ機器などはああこんなものがあるのかで素通りです。 関心のあるものはカメラ・三脚・編集機器・モニター・編集や撮影を便利にするもの等です。 それにしてもいつもの事ながら特殊分野の展示会で広い会場に人がいっぱい・・さすが東京だからか。 多数ある機器から幾つかをピックアップして見ました。
画像
スタジオカメラは個人で使用するものではありませんがこのような展示会では自由にさわり操作する事が出来ます。 ケーブルを踏まず円形ハンドルで自由に移動出来、高さ移動も滑らかパンやズームも滑らかで特にパン尻がピタッと止まる事、多少腕が悪くとも良い画が撮れるのです。
画像
これは移動撮影装置「ステディカム」 歩きながらの撮影はどうしてもカメラが揺れ見にくくなりますがこれを使うと滑らかな移動映像を得る事が出来ます。 装置は重く胴体にハーネスをつけカメラを保持します。価格は100万円くらい。 小型カメラ用のやじろべえ式簡易装置もあります。この程度のものなら自作も可能です。 カメラコーナーでは古い居酒屋や能舞台等を作り色々なカメラで映像を確かめるのに人気が集まっていました。 従来型カメラは姿を消したようで殆どがハイビジョンカメラに移行していました。 なかでも民生用から派生したソニー、キャノン、パナソニック等の小型ハンディカメラも放送用に使われる様になりすっかり認知されていまいした。 パナソニックではメモリーカードを使ったカメラを推進しており今後の動向が注目されます。

銚子

穏やかな天気の20日、ビデオ仲間10人が車2台に分乗し銚子へ撮影旅行に出かけました。 この日は春のように霞のかかった、動き回ると暑いくらいの陽気でした。 さいたま市から約140㌔、4時間ほど、首都高速の葛西辺りまでは10キロ以上の渋滞で東京を抜けるまでが大変です。 東関東自動車道に入ると流れは良くなり成田を過ぎたあたりからは専用道路を走るよう。 銚子に着き、始めに漁港を撮影、船溜まりには漁船がいっぱい。宮城県沖での漁を終え、入港する船に近づきサンマを下ろす作業を撮る。 銚子といえば犬吠崎、ここで灯台風景や磯の荒波をカメラに収める。 そして「地球の丸く見える丘公園」でパノラマ撮影、360°の展望。言われれば丸く見えるような気もする。 それぞれカメラを向けるところはいろいろ、10人10色の作品が出来るでしょう。 帰りもラッシュ時間にぶつかり渋滞を抜けるのに一苦労。 でも予想した事、無事に撮影旅行を終えました。
画像
画像
画像
画像

さいたま映像 公開映写会のご案内

画像
                          <会場のさいたま芸術劇場> 2006さいたま市文化祭 自作映画を楽しむ市民の集い とき   06年11月19日(日) 時間  1時開映  (12時30分開場) ところ さいたま芸術劇場 映像ホール      JR埼京線与野本町駅より徒歩6分 第一部  1時  1. 寄居水天宮祭・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高岩 ひでお  2. ネパールの印象 ・・・・・・・・・・・・・・・ 古川 千里  3. 秋色に染まる室生の里を行く・・・・・・・藤井 千和子  4. 尾瀬沼の詩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 滝村 宏幸  5. 見沼通船堀・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・配島 精弥  6. チロルの風に乗って・・・・・・・・・・・・・・島野 光男  7. 花紀行さいたま風土記の丘・・・・・・・・川田 猛男  8. サバンナは歌う・・・・・・・・・・・・・・・・・小林  昭 第二部  2時30分    9. 北アルプス唐松岳から五竜岳・・・・・・ 川上 光枝   10.萩日吉神社 春祭り・・・・・・・・・・・・・・金子 安男  11.萌え アキバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・持下  甫   12.みこしの水浴び・・・・・・・・・・・・・・・・・・利根川幸雄  13.お父さん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川 保蔵  14.山小屋を守り続けて50年・・・・・・・・・・ 田村 尚男 終映予定 4時 主催  さいたま映像 後援  さいたま市教育委員会   浦和趣味の会連盟 皆様のご来場をお待ちしています     当日は寒い雨の降るあいにくの天候となったこともあり昨年より幾分出足が悪かったものの遠くから沢山のお客様のご来場を頂き盛会の内に終えることが出来ました事を感謝いたします。又来年のご来場を心からお待ちしております。有難うございました。(11月20日記)

新型ハイビジョンカメラ SONY 『 HDR-FX7 』

ソニーから新型ハイビジョンデジタルHDビデオカメラレコーダー 『 HDR-FX7 』が発表されました。
画像
                 SONY デジタルHDビデオカメラレコーダー 『 HDR-FX7 』 7日発表されたのは『HDR-FX1』の後継機種で、FX1に比べ更なる小型・軽量化を実現し、加えて操作性の向上、マニュアル機能の充実を図ったソニーの民生用ハイビジョンビデオカメラの最上位機種となるものです。   11月11日発売   予定価格38万円(オープン) 主な特徴は 1.新開発の「3クリアビッドCMOSセンサー」搭載で高画質記録を実現  光の3原色(R・G・B)を3枚のセンサーそれぞれで独立して撮像するため、高解像度で優れ  た色再現性を実現。さらに、黒つぶれや白トビを抑えた自然な階調表現、スミアのない映像 も実現。 2.従来機種『HDR-FX1』と比較して、容積約40%・重量約25%を削減し、より小型・軽量化を 実現。 3.操作性を向上させ、使いやすさを追求するとともに、より充実したマニュアル機能を搭載。 となっています。 液晶モニターはハンドル部から本体左側とノーマルな位置に戻りました。→ やはりこの方がデザインも良く、邪魔にならず使いやすい。ユーザーの声を反映したものと思います。 画面中央を拡大表示してモニタで確認できる「拡大フォーカス」機能や、輪郭を強調して表示する「ピーキング機能も設定されました。→ ピント合わせがしやすくなりこれも嬉しい機能UPです。ハイビジョンのピントはシビアですから。 「3クリアビッドCMOSセンサー」方式を採用。黒つぶれや白トビを抑えた自然な階調表現を実現するほか、CMOSの特性上スミアも発生しない。→ CCDにつきものだったスミアともお別れです。 FX-1は大きく重いなーという印象が強かったのでこれは嬉しい進化と言えます。 VX2100くらいでしょうか。待っていたカメラです。11月が待ち遠しくなりました。 詳しくは SONY 報道資料

06、秋、山岳映画会の御知らせ

山仲間が美しき自然を捉えて贈る
画像
                           <会場の豊島公会堂> 第23回 ユニセフチャリティ山岳映画会 期 日:平成18年10月24日(火)   開 場:5時45分   上 映:6時15分~9時 会 場:豊島公会堂(池袋駅東口歩5分・三越裏手) 参加金:500円(作者の出品料やカレンダー、DVD,書籍の販売益と併せユニセフへ贈ります) チャリティー協力販売:アルパインカレンダー各種、伊藤弥八、舟橋栄子映像作品DVD プログラム   ①高山植物の宝庫 加賀白山・・・・・・・・・・・・・・・鈴木吟次郎   ②白馬・朝日 花の山旅・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・配島 精弥   ③冬へのプレリュード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡会  猛   ④残雪の毛勝山に挑戦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川  勝   ⑤豊饒の鳥海山(ハイビジョン上映)・・・・・・・・・・ 伊藤 弥八   ⑥ドリームエベレスト(ハイビジョン上映)・・・・・・・ 舟橋 栄子 主 催:山岳映画サロン  ※チャリティ山岳映画会お蔭様で無事終了しました。  当日は低気圧接近で雨と風の荒れ模様の天気にもかかわらず沢山の山を愛する人たちの ご来場を頂きハイビジョン上映も加わり盛会のうちに終了する事が出来ました。  チャリティや販売収益金はユニセフに贈らせていただきます。  有難うございました。

ビデオカメラ買い替え

ソニーのTRV-900が調子が悪くなりもう寿命と考え新しいビデオカメラを買いました。画像  カメラ選定についていろいろ検討しました。TRV-900は画質や操作性も良く手に馴染んだ事もあり、修理も考えましたが修理費は5~6万円かかる事がわかり新規購入にしました。  TRV-900の後継機は950以来出ません。VX2000クラスではサイズや重量の点で使い道があまりないのです。  選定の条件として挙げたものは画質(3板式が望ましい)、大きすぎず小さすぎず操作性の良いこと、アクセサリーが使える事、ファインダーが可動式である事、などです。  DVDカメラは録画時間の短さやスイッチONから録画スタートまで時間が掛かる事で選定の対象外になりました。画像  結局候補になったのはソニーのHC-3とパナソニックのNV-GS500. 特に今、ハイビジョンカメラに人気がシフトしていますが、まだ環境が整っていない事と大画面で見たり近くで見たりしなければその差は余り感じないので従来のNTSCのDVでも充分と言う事でした。次の購入ではハイビジョンカメラになると思います。  HC-3を購入した場合でも当面はDVでの撮影を考えていました。それはハイビジョン撮影してDVにコンバートした場合、画質面で不利になることや画面サイズが小さくなってしまう事等によるものです。  又ファインダーが固定式であること。これは小さな花の撮影に不向きであり液晶モニターでは明るい直射日光下では良く見えず、マニュアルフォーカスでのピント合わせが困難です。  ということでデザインは幅広で、鏡胴が太くずんぐりしたスタイルは好きではないのですが、パナソニックのNV-GS500に決まりました。価格は同じくらいでした。 しかしどちらにしても捨て難い長所があります。  その長短を挙げてみると HC-3の良いところ   オートレンズカバー、これは便利なもの。マニュアルフォーカス時モニターに距離の数字が表示されること。  CMOSセンサー搭載により諧調表現が良い。スミアが出ない(HC-1と比べると少し出ると言う報告あり)。ゼブラが表示される。マクロズーム機能がある・  液晶モニター部分でズーム操作やREC操作が出来る。 HC-3の短所と思えるところ  ファインダーが固定式。アクセサリーシューが専用タイプで外部マイクやライト、水準器などが 使えない事。小さい事は携帯性には優れるが安定した映像作りと操作性では不利。ハイビジョンでここまで小さくする必要があったのだろうか。家庭用に普及を狙ったのか。 NV-GS500のよいところ  12倍ズームレンズ搭載。ファインダーが上を向き明るく見やすい。3CCD搭載(パナソニック は全部)。静止画も高画質。マニュアルフォーカスリングがある。クイックスタート機能がある。マクロズーム機能がある。 NV-GS500の短所と思えるところ  ズームレバーが左右に動かすタイプでこれは使いにくい。(なぜか最近のカメラはこれが多い)シーソータイプがベストなのだが。高さより巾の方が広い為グリップに通して持った時安定が悪い。  コントロールダイヤルが不用意に動いてしまう。良く使う逆光補正やアイリス調整がボタン操作で出来ない。絞り羽が2枚の為アウトフォーカスにした時菱形のボケになる。   以上気がついた点について書いてみました。

ソニーから新型ハイビジョンカメラ

ソニーよりハイビジョンの新型カメラ、HC-3が発表された。                     画像 HC-1が発売されてから9カ月である。こんなに早いサイクルとは思わなかった。 春の需要期に合わせたと思うが随分早い。HC-1が売り出された直後から開発が進められていたのではないだろうか。 ビデオ人間としてはやはりどんなカメラか気になるところ。 銀座のソニーショールームでは既に展示され触って確かめられるようだが。 HCの型番がつくのでHC-1の後継機との位置づけだが印象としては全く別のカメラのよう。 サイズは随分小さくなったがこれほど小さくする必要があったのかと思う。 小さいと携帯性はいいのだが安定性や操作性の点では不利になる。 モデルチェンジでは進歩と退歩がつきまとう。総合的には進歩しているがどうしも犠牲にされる部分が出てくる。 テストレポートによればHC-1で暗いといわれた感度はだいぶ改善されたようだ。 録画スタートまでのレスポンスも改善されたと言う。 ズームレバーはシーソー式を採用して欲しいところだがなぜか殆どのカメラは上についた小さなレバーを左右に動かす方式になっている。 レンズカバーは内臓の電源との連動式になりこれは便利に使える。 テープは三脚に取り付けた状態で交換できるように改善された。 ファインダーは固定式になり画素数を減らしスペックダウンされた。ファインダー軽視の設計である。 逆に液晶モニターは画素数を増やし高画質化されている。 最近はデジカメでもビデオカメラでもファインダーを無くすか簡略化の方向にある。 これは残念なこと。明るい日中では液晶モニターは見えない。 価格は安いところで12万円強。HC-1は新型発表で10万円を切った。 *元NHK報道カメラマンの浜谷さんがHD編集のためのPC作りやハイビジョンカメラのテストレポートなど詳しく書いています。                       HDV・ハイビジョンワールド・ブログ *蕎麦店経営の橋本さんはブログに世界初?というパーソナルハイビジョン放送局を運営しています。                       谷津坂村ビデオブログ     

多様化するビデオカメラ

春の需要期に向けて各社新製品の投入が相次いでいる。            画像 画質や機能については一定のレベルに達し記録媒体の多様化が進んでいるが 大別すると ・DVテープ方式カメラ ・DVDカメラ ・HDD(ハードディスク)カメラ ・メモリーカメラ に分けられる。  そせぞれ一長一短がありどれが良いとは決められない。                      画像 この中でもテープカメラに代わりDVD方式カメラがシェアを伸ばしている。 DVD式はカメラはやや大きくなるが、DVDレコーダーの普及に伴い、一旦見た後でも巻き戻しや頭出しがいらないこと、家庭のDVDレコーダーにかけすぐ見られること等が受けている。 画質の面では不利であり、電源ONから撮影開始まで時間が掛かる点が短所になる。  HDDカメラはハードディスクの大容量化により長時間撮影が可能になってきた。東芝から発売の「ギガショットR60]は60ギガのHDDを装備し13時間半の撮影が可能と言う。  またパソコンとの親和性が高いことも有利に作用している。 衝撃に弱いところが短所になる。  一方メモリーカメラはパソニック、サンヨーから売り出されているが、小型軽量化には有利だ。 可動部がないので、メカ音が発生せずドロップアウトもなく故障も少ない。 今の段階ではメモリー容量が少ないことと高価なことが課題である。 携帯音楽プレイヤーはメモリー方式が主流になってきたがビデオカメラもこの方式に向かうものと思われる。 パナソニックの放送用カメラはメモリー方式が主流になている。  使用目的に応じて選択したい。

見易い映像作りのために

 結婚式のビデオ編集を頼まれました。 その映像は常にズームを使いカメラはあちこち動かし、定まるところがない。画像 アップのままカメラを動かすので何が写っているのか分からず目が回る。  これでは全部カットするようなのだが、それでは何も残らない。 音だけでも残したいのでそれでもいいと言う。  5分も見ているとめまい状態になり、頭が痛くなってきた。  これを1時間30分続けるのはしんどい作業だった。 (このブログを見ていたらごめんなさい)  ビデオを始めた初心者に多いのが、カメラをあちこち動かして見難い映像となってしまう事とズームを使いすぎること。  この2つ気をつければずっと見易い映像になります。 ビデオは動く被写体を撮るものです。 しかしビデオの経験者でも往々にしてやってしまうことがあります。あちこち動かして見せたいという意識が働きます。  昔のカメラはズームレンズはなくレンズを回して切り替えるターレット式でした。 画角を決める為に焦点距離の違う3本から5本のレンズがついていたのです。 そのために連続的に画角が変化する映像の作り方はありませんでした。  本当にカメラを動かさなければばならないシーン、ズームを使わなければならない事は少ないのです。  そこで今回は三脚がなくとも安定した映像を撮る方法。 ・ズームで寄るのでなく広角にして自分が近づく(足で撮れと言われる) ・小型軽量カメラほどブレやすいのでカメラに紐をつけ足でおさえる。  傘のネジが三脚のねじ穴に合うので傘を取り付ける(カメラの慣性質量を大きくする) ・木によりかかるなど体を安定させる。 など 私の一つの方法は  ビーンズバッグ代わりのパッドの活用。パソコンショップなどで腕を安定させる為に小さなクッションが売られています。ビーンズバッグの豆と違い軽くて使い易い。  これにカメラを載せると安定した映像が得られ、特にローアングル撮影には重宝します。 石などに置いてもその形に馴染み安定します。水平が狂うと使えないので水準器とセットで使っています。 これは荷物にならず良く活用しています。  (写真はパッドに載せたカメラ。水準器をつけている。マイク部には              ウィンドジャマーとしてのスポンジを付けている。効果あり)  
posted by ミニミニ放送局 at 16:41Comment(0)TrackBack(0)

放送機器展

 幕張メッセにて国際放送機器展が開かれた。 平日にもかかわらず、海浜幕張駅から人の列が続く。 会場は新製品や新しい情報を得ようと言う人たちで熱気がこもっていた。 数年前はノンリニア編集関連が多かったが、今年目立つのはハイビジョンを示すHDの文字。  12月には地上デジタル放送の視聴区域が全国の6割に広がり、これを受けて、街の大型電気店では薄型のハイビジョンテレビの売れ行きが好調だという。  メーカーでもハイビジョン対応のカメラや編集機材の売り込みに懸命だ。 カメラ各社は会場に模擬スタジオを作り各種カメラが自由に操作できるようにしていた。 普段さわることのないスタジオカメラを操作できるのもこの展示会ならではのもの。  ソニーブースでは会場の一角に野球場のマウンドが設けられスローモーションカメラがボールの動きをとらえ大画面に鮮明に映し出していた。  松下コーナーではメモリーカード記録方式のカメラをアピール、ソニーのブルーレイに対して衝撃に強いというのが売りだ。しかし記録媒体はまだ相当高い。  民生レベルでもソニーのハイビジョンカメラHCー1が発売1ヶ月間で予想の1万台を上回る3万台を出荷したという。  HDカメラは放送用から始まり、次に民生用が売れ始め、最後に業務用という構図のようだ。
posted by ミニミニ放送局 at 17:18Comment(0)TrackBack(0)

公開映画会終了しました

 本日行われたさいたま映像公開映画会(情報は9・23付記事)は天気にも恵まれ無事、盛況のうちに終了しました。 秋の行事などいろいろ重なる中、貴重な時間を割いてご来場いただき有難う御座いました。  座席定員を上回るほどの160名余のお客様を迎え、今まで最多の16作品を上映しましたが、会場設備も良く、明るい綺麗な大画面で見るビデオ作品は映画館と変わらない迫力のあるもので、自分の作品もテレビで見る画像と違って別物に見える程でした。 会員一同皆様の期待にこたえられる様、より良い作品作りに取り組む所存です。  又次回のご来場をお待ちしております。
posted by ミニミニ放送局 at 21:12Comment(0)TrackBack(0)

公開映画会情報

自作映画を楽しむ市民の集い 2005さいたま市民文化祭の一環として 公開映画会が開かれます。是非ご来場いただければと思います。 主催  さいたま映像 とき   2005年11月13日(日)  12時30分 開場   1時開映 ところ  彩の国 さいたま芸術劇場 映像ホール (正面1階です) 地図 入場無料 第一部   1.行楽の秋           古川 千里   2.ふるさと歴史散歩      藤井 千和子   3.水天宮祭           加藤   立   4.花の縦走路          配島  精弥   5.黄龍              滝村 宏幸   6.中国紀行           小松 英雄   7.今宵ロイクラトーンに祈る  小林  昭   8.送神祭            金子 安男  第二部   9.古刹秋色           高岩 ひでお  10.伝統芸能を未来に      出井 伸芳  11.白馬岳             川上 光枝  12.たら祭り            利根川幸雄  13.あばれみこし         持下  甫  14.水の記憶           川田 猛男  15.北の名峰 斜里岳      田村 尚男  16.虫も殺さぬ男         谷川 保蔵   4時30分 終映予定 私の作品は 「花の縦走路」です お誘いあわせてのお越しをお待ちしております。   お蔭様で沢山のお客様を迎え終了しました。 又次回のご来場をお待ちしています。
posted by ミニミニ放送局 at 17:22Comment(0)TrackBack(0)