無病息災を願い茅の輪くぐり

                            神職によるくぐり初め 6月30日は丁度一年の半分。これから暑さも本番となる時期ですがこれからの半年を元気に乗り切れるように大宮氷川神社では茅で編んだ輪をくぐる茅の輪くぐりが行われました。 渡り初めのあと境内で神事が行われます 開始の4時には長い行列が出来ていました。 神橋の上に作られた茅の輪を8の字に三回…

続きを読む

秋雨

今日はしとしと雨の降る肌寒い日です。 関東地方の二日前は気温が33度に達する、熱中症で死亡する人がでるほどの真夏の暑さでしたが今日は一転、11月初め頃のような上着が必要なくらいの肌寒い日になりました。 少しずつ涼くなればいいのですけれど、「自然は気まぐれ」あまりにも急な変化に体もついていけません。 猛暑の日本列島を急激に冷やしてしまう自然のエネルギーの大きさを感じます。 …

続きを読む

茅の輪くぐり

6月30日は一年の半分、神社では茅の輪くぐりが行われました。(動画公開中) ここ、さいたま市の大宮氷川神社では午後4時からの神事の後、神橋の上に作られた茅の輪をくぐる行事がおこなわれ大勢の市民が無病息災を願いました。 8の字に3回まわりながら輪につけられた人形(ひとがた)に触れ罪や穢れを移し残り半年間を無事過ごせるようにと祈ります。 境内では用意された人形に名前と年齢を書き息を吹き…

続きを読む

まちかど雛めぐり

さいたま市岩槻区は全国に知られた人形の産地です。(動画公開中) 城下町として、また日光御成道の宿場町として賑いをみせていた岩槻に、江戸時代の初め、日光東照宮の造営、修築にあたった工匠たちが、そのまま足をとどめ、人形づくりを手がけたのが起こりと伝えられています。 岩槻の周辺は昔から桐の産地で、箪笥や下駄などの桐細工が盛んに行われていました。工匠たちは、この桐の粉を糊と練り固めて人形をつくる…

続きを読む

お雛様に変身

今日はひな祭り ひな人形を飾って女の子の健やかな成長を祝い将来の幸せを祈る行事で「桃の節句」とも言われます。 ひな祭りの起源は、身のけがれや災いを人形に移し、川に流して厄払いしたという古代中国の風習によると言われています。 女の子のいる家では雛人形を飾ります。しかし最近では住宅事情から7段飾りなど場所をとるものは少なくなりタンスの上に飾れるようなコンパクトなものが多くなっ…

続きを読む

総願寺の節分

2月3日は節分の日です。 「節分」は本来、季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。特に立春が1年の初めと考えられることから次第に、「節分」といえば春の節分を指すものとされています。 暦の上ではもう春なのですが今が一番寒さの厳しい時です。しかし今年は暖冬であちらこちらから春の便りも聞こえてくるようになりました。 節分には豆まきの行事が行われますが…

続きを読む

七福神行列

今、各地で七福神めぐりが行われています。(動画公開中) さいたま市中央区(旧与野市)では3日、恒例の七福神行列が行われました。 与野地区は昔鎌倉街道(現在の本町通り)に発達した古い街で、現在も昔の面影を残す格子戸の古い家が数軒残っています。 この街にも七福神をお祀りしている寺社があります。開運、諸願成就、健康増進に与野七幅神をお参りする人が最近多くなりました。 正月のハ…

続きを読む

さいたま市内の旧家の庭に柿が沢山生っています 柿はなぜか茅葺屋根の家に合うのです 農家の庭にはいろいろな果物の生る木が植えてあったのです 今はこのような風景もあまり見られなくなりました

続きを読む

サザンカ

 “山の茶の花”という名前よりははるかに綺麗な花です。特に,冬の寂しくなった景色の中で赤や白の山茶花の花は目を楽しませてくれます。  ところで,山茶花と椿は似ていますけが,どこが違うと思いますか? ツバキ(椿)の花は落ちるときにボテッと全部一緒に落ちてしまいますがサザンカは、花びらが一枚ずつ散ります。  花びらの落ちた地面も風情あるものです。

続きを読む

七五三で賑わう神社

今、休日の神社は華やかです。 武蔵一ノ宮として知られるさいたま市の大宮氷川神社 七五三のお祝いで埼玉県内各地から親に連れられて着飾った子供達がたくさん集まってきます。 殆どの人が車で来る為、休日の周辺道路は車で渋滞し動かなくなります。 11月15日に行われる子供の成長を祝う行事ですが混雑をさけ15日を待たず早くから休日は賑やかです。 いじめや親による虐待などが社会問題になっ…

続きを読む

キクイモ

野の花がだんだん少なくなってきました 今、黄色いキクイモの花が目立っています アメリカからやってきた植物ですが日本が気に入ったようです 向こうの方に野焼きの煙がたなびいていました              夕方の散歩道で

続きを読む

稲刈りも終わりました

さいたま市東部に広がる見沼たんぼ 稲が刈られ竹に掛けて干されていました 太陽の熱と風で乾燥します 農業が機械化された今 都市近郊では珍しくなった風景です

続きを読む