2006 国際放送機器展

放送・映像制作関係者などを対象とした展示会「Inter BEE 2006」国際放送機器展が幕張メッセで開催されました。

画像

27カ国、733社が出展という過去最大規模だそうです。
放送業務に携わる者ではないので中継装置・スタジオ機器などはああこんなものがあるのかで素通りです。
関心のあるものはカメラ・三脚・編集機器・モニター・編集や撮影を便利にするもの等です。
それにしてもいつもの事ながら特殊分野の展示会で広い会場に人がいっぱい・・さすが東京だからか。
多数ある機器から幾つかをピックアップして見ました。

画像

スタジオカメラは個人で使用するものではありませんがこのような展示会では自由にさわり操作する事が出来ます。
ケーブルを踏まず円形ハンドルで自由に移動出来、高さ移動も滑らかパンやズームも滑らかで特にパン尻がピタッと止まる事、多少腕が悪くとも良い画が撮れるのです。

画像

これは移動撮影装置「ステディカム」
歩きながらの撮影はどうしてもカメラが揺れ見にくくなりますがこれを使うと滑らかな移動映像を得る事が出来ます。
装置は重く胴体にハーネスをつけカメラを保持します。価格は100万円くらい。
小型カメラ用のやじろべえ式簡易装置もあります。この程度のものなら自作も可能です。

カメラコーナーでは古い居酒屋や能舞台等を作り色々なカメラで映像を確かめるのに人気が集まっていました。
従来型カメラは姿を消したようで殆どがハイビジョンカメラに移行していました。
なかでも民生用から派生したソニー、キャノン、パナソニック等の小型ハンディカメラも放送用に使われる様になりすっかり認知されていまいした。
パナソニックではメモリーカードを使ったカメラを推進しており今後の動向が注目されます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 野次喜多日記

    これからのアマチュアが使用するカメラは買え換え時期には迷ってしまいますね
    先日、ダブルデッキ(DVとVHS)が故障していまいソニーに修理を出したところ部品がないとうことで戻されました。買って8年と6ヶ月でした。

    メーカーはもう一度在庫の確認をしてくれるとのことで待っています。
    技術革新が早くユーザーとしては困ります。

    世の中の技術が速すぎてついていけません。メーカーは勝手ですね
    2006年11月20日 20:51
  • ミニミニ

    野次喜多日記さん今晩は
    メーカーとしては新しい製品を出し買い換えてもらうという戦略なのですが消費者としては新製品は欲しいがついていくのが大変です。
    メーカーには物を長く大切に使ってもらうという発想はありませんね。
    修理するより買う方が安い事もありますから。
    2006年11月20日 21:59
  • プーさん

    こんばんは。
    ビデオは撮らないのですが、見ているとワクワクしますね。
    新しい機材は、見ているだけでも楽しいです。
    テレビ(モニター?)の性能が上がって、すっかりハイビジョン化なんですね。
    2006年11月20日 22:25
  • kumi

    こんばんは 面白そうですね こんな会場があれば一度見てみたいと思いますね
    すごいカメラがありそれが自分で見えるなんていいですね!。
    2006年11月20日 23:15
  • チャン2

    歩きながら撮ってもぶれが少ないステディーカム。
    でも100万円では手が出ません。
    旅行等で歩きながら同行者を撮る事がありますが、ブレがひどい為、ほとんど使えませんね。それとバスの窓から撮ったものも使えませんね。
    もっと安く手軽なものがあるといいですね。

    先日はさいたま映像さんの「自作映画を楽しむ市民の会」見学させて
    頂きありがとうございました。見沼渡船堀はパナマ運河開通の180年前に既に実用化されていたとは驚きでした。
    2006年11月21日 08:03
  • ミニミニ

    プーさんお早うございます
    技術の進歩には目覚しいものがあります。5年後には地上デジタル放送に移行されます。
    放送機材ですから多くのものは私達の趣味には関係ないのですが、勉強になりよい刺激になります。
    2006年11月21日 09:55
  • ミニミニ

    kumiさんお早うございます
    専門的業界の展示会ですが入場無料(登録要)美しい映像が見られたりコンパニオンを楽しむもよし工夫を凝らしたスタジオセットなど専門外の人が見ても結構楽しめますよ。
    2006年11月21日 10:05
  • ミニミニ

    チャン2さんお早うございます
    最近のカメラは小型軽量になっています。これは携帯には便利ですが軽いとどうしてもブレやすくなります。
    安定した映像を撮るには重いカメラほど有利です。ですから放送・業務用カメラには手ブレ補正は付いていません。
    私の場合山や旅行の撮影では立てなくても三脚をつけ重くした状態で撮っています。歩きながらの撮影では腰を落とし三脚の首を親指と人差し指で持ち撮影します。
    先日は天気の悪い中をご来場頂き有難うございました。前回は12分で山岳映画を作りましたが長いという意見があったので今回は短編にしました。
    2006年11月21日 10:21
  • 「おいどん」

    千葉のおいどんです。この分野はプロの世界ですか・・・(*^_^*)
    2006年11月23日 14:25
  • ミニミニ

    おいどんさん今晩は
    業界人を対象とした展示会です。私は少し足を突っ込み関心がある分野なので毎年楽しみに見に行っています。
    進歩する技術を垣間見る事が出来ます。おいどんさんは近いんでしょうね。
    2006年11月23日 19:54
  • 彦左

    ミニミニ放送局さん、東京に居られるといいですね。いろんな展示会があって・・・昔は東京までよく展示会を見に行きました。仕事を理由に
    比べると大阪での展示会って少ないです。
    2006年11月25日 15:31
  • ミニミニ

    彦左さん今晩は
    東京は地理的にも政治経済でも日本の中心ですね。さいたま市は東京の通勤圏で何かと便利です。
    遠くの人は展示会が開かれるといってもおいそれと見に来られないですね。神戸や大阪万博には行きました。
    2006年11月25日 21:28

この記事へのトラックバック