ビデオカメラ買い替え

ソニーのTRV-900が調子が悪くなりもう寿命と考え新しいビデオカメラを買いました。画像

 カメラ選定についていろいろ検討しました。TRV-900は画質や操作性も良く手に馴染んだ事もあり、修理も考えましたが修理費は5~6万円かかる事がわかり新規購入にしました。

 TRV-900の後継機は950以来出ません。VX2000クラスではサイズや重量の点で使い道があまりないのです。
 選定の条件として挙げたものは画質(3板式が望ましい)、大きすぎず小さすぎず操作性の良いこと、アクセサリーが使える事、ファインダーが可動式である事、などです。

 DVDカメラは録画時間の短さやスイッチONから録画スタートまで時間が掛かる事で選定の対象外になりました。画像

 結局候補になったのはソニーのHC-3とパナソニックのNV-GS500.
特に今、ハイビジョンカメラに人気がシフトしていますが、まだ環境が整っていない事と大画面で見たり近くで見たりしなければその差は余り感じないので従来のNTSCのDVでも充分と言う事でした。次の購入ではハイビジョンカメラになると思います。

 HC-3を購入した場合でも当面はDVでの撮影を考えていました。それはハイビジョン撮影してDVにコンバートした場合、画質面で不利になることや画面サイズが小さくなってしまう事等によるものです。
 又ファインダーが固定式であること。これは小さな花の撮影に不向きであり液晶モニターでは明るい直射日光下では良く見えず、マニュアルフォーカスでのピント合わせが困難です。

 ということでデザインは幅広で、鏡胴が太くずんぐりしたスタイルは好きではないのですが、パナソニックのNV-GS500に決まりました。価格は同じくらいでした。

しかしどちらにしても捨て難い長所があります。

 その長短を挙げてみると

HC-3の良いところ
  オートレンズカバー、これは便利なもの。マニュアルフォーカス時モニターに距離の数字が表示されること。
 CMOSセンサー搭載により諧調表現が良い。スミアが出ない(HC-1と比べると少し出ると言う報告あり)。ゼブラが表示される。マクロズーム機能がある・
 液晶モニター部分でズーム操作やREC操作が出来る。
HC-3の短所と思えるところ
 ファインダーが固定式。アクセサリーシューが専用タイプで外部マイクやライト、水準器などが 使えない事。小さい事は携帯性には優れるが安定した映像作りと操作性では不利。ハイビジョンでここまで小さくする必要があったのだろうか。家庭用に普及を狙ったのか。


NV-GS500のよいところ
 12倍ズームレンズ搭載。ファインダーが上を向き明るく見やすい。3CCD搭載(パナソニック は全部)。静止画も高画質。マニュアルフォーカスリングがある。クイックスタート機能がある。マクロズーム機能がある。

NV-GS500の短所と思えるところ
 ズームレバーが左右に動かすタイプでこれは使いにくい。(なぜか最近のカメラはこれが多い)シーソータイプがベストなのだが。高さより巾の方が広い為グリップに通して持った時安定が悪い。
 コントロールダイヤルが不用意に動いてしまう。良く使う逆光補正やアイリス調整がボタン操作で出来ない。絞り羽が2枚の為アウトフォーカスにした時菱形のボケになる。
 
以上気がついた点について書いてみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 野次喜多日記

    パナソニックのNV-GS500、液晶も大きいようですね12倍そしてマクロがあり、花の撮影するミニミニ放送局さんにとって最高の選択ですね。
     ところで重さはどのくらいですか、舞台でのスポット撮影が出来ますか教えてください。
    2006年05月19日 21:18
  • ミニミニ

    野次喜多日記さん今晩は
    液晶モニターは2.7インチワイドで大きい方ではありません。旧型の方が(3.5インチ)大きくRECボタンが上にもある等操作性に優れていました。小型化のため省かれる機能が出てきます。カメラは必ずしも進歩ではないですね。舞台でのスポット撮影とはマニュアルの明るさ調整でしょうか。これはメニューのような操作になるので使いにくいです。欠点ですね。
     重さはバッテリー込みで670グラム。TRV900に比べればだいぶ軽いです。
    2006年05月19日 22:20
  • チャン2

    ミニミニ放送局さんお久しぶりです。ビデオカメラ購入の貴重な見解を読ませて頂きました。ところで一つ教えて下さい。「ハイビジョン撮影してDVにコンバートした場合、画質面で不利になる」とありますが。DVビデオカメラで撮ったDV映像よりも画質が悪くなると言うことでしょうか
    2006年05月29日 18:57
  • ミニミニ

    チャン2さん今晩は
    訪問有難うございます。主観的な記述もあるかと思いますが何かの参考になれば幸いです。
    ハイビジョン撮影してDVにコンバートした場合、画質面で不利になる」とありますか・・・
    =私は試した事はありませんが、不利になるようです。
    DVなら初めからDVカメラで撮ったほうが良いという事を聞いています。気になるのはハイビジョンの映像をDVコンバートした場合、画面が小さくなることです。使い分け(撮りわけ)たほうがいいようです。
    ただ画質低下と言っても程度問題で、見比べてはっきり判る程の差ではない様に思いますが・・・
    次回購入は制作用カメラとしてFX1も視野に入れています。
    ハイビジョンで残したい時はハイビジョンモードでの撮影、DVでいい時はDVモードでの撮影というパターンで考えています。
    2006年05月29日 21:35
  • チャン2

    大分時間がたってしまいましたがハイビジョンカメラ(ソニーHC1:友人より借用)とDVカメラ(ソニーPC350:単板です)の差を確認しました。
    結果は意外でした。街頭風景を撮影して4:3で確認したのですが、DVにした時一番良かったのは、HC1でDVモードで撮影したもの(16:9を編集時縦方向に伸ばしました)。次いで、HDV→DV変換したもの。PC350が3番でした。PC350でのDVに比べて他のの2つは明らかに勝っていました。ただし、あくまで単板ですので 3CCDではどうなるかは分かりません。(お恥ずかしい話ですが3CCDは持っていません)
    以上ご参考までに。
    2006年07月12日 07:50
  • ミニミニ

    貴重なテストレポートを有難うございます。
    そのカメラで撮った映像だけ見てこちらの方が画質がいいようだ・・・程度にしか判断していませんでしたが、比較されたことは参考になります。
    3CCDカメラを持っていない事は恥ずかしいことではありません。
    私もハイビジョンカメラを持っていません。画質が悪くても内容の良い作品の方が勝ります。
    2006年07月12日 09:32

この記事へのトラックバック