ミニミニ放送局

アクセスカウンタ

zoom RSS 大菩薩嶺登山

<<   作成日時 : 2018/07/11 14:30  

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

今回は久々に大菩薩嶺(2057m)に登りました

日時 : 2018年7月8日(日)
天気 : 曇り 風強し
参加者: 13人
コース
塩山8:50---タクシ---福ちゃん荘9:30・・・・勝縁荘9:45・・・・・大菩薩峠10:30・・・・雷岩111:45・・・・大菩薩嶺12:00-----雷岩12:20----福ちゃん荘2:00

画像
タクシーで福ちゃん荘まで約40分
大菩薩嶺は4回ほど登っていますが最後に登ってからは20年以上たち一部は覚えていません

画像
今回は福ちゃん荘(現在地)より右の方に登り縦の大菩薩嶺に登り唐松尾根を下の福ちゃん荘に戻るというコースです

画像
ここのコースは良く整備され登りやすいルートになっています

画像
森は自然林で形成され雰囲気はよく暗さはありません

画像
林を抜けると急に明るくなり大菩薩峠に出ます

画像
ここは視界が開け遠くには雲がかかりながらも南アルプスも見えていました

画像
少し歩いたところからは雪の消えた富士山が目の前に見えました

画像

画像
展望の良い岩の尾根道を行きます。向かい右側が大菩薩嶺です

画像
大菩薩嶺が最も高いのですがここは周囲に木があり展望は利きません

画像
大菩薩嶺から少し下った雷岩で昼食に、フルーツポンチのデザートが出ました

画像
下山路は急な岩の道を暫く下ります  湖は上日川ダム

画像
途中シカが二頭見られました

画像
スタート地点の福ちゃん荘に戻りました
今回は比較的体に優しい登山で登りの小雨もすぐやみ風は強かったものの曇りの快適な山歩きが楽しめました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ここは眺めがいいですよね!
富士山と対峙している雰囲気ですね。
20年くらい行ってないかな〜
イッシー
2018/07/12 07:24
イッシーさん有難うございます
ここは樹林帯を超え眺めの良い所でドローンを飛ばそうと思いましたが風が強かった事と人が多いことで止めました。
曇りで南アルプスまで見えたのは予想外でした。
ミニミニ
2018/07/12 16:01
東京・小平にいた時、仲間と大菩薩峠、三ッ峠の二つの富士山の眺めの良い峠に上った事を思い出しました。
富士山は何処から眺めても良いですね。先日は信州湯の丸・池の平湿原から見て来ました。
信徳
2018/07/12 16:33
信徳さん有難うございます
富士山は日本人の心の故郷、どこから見ても良いですね。池の平からも見えます。手前に山を頂いた風景も良いものです。
久しぶりの大菩薩に登りました。
ミニミニ
2018/07/12 19:46
毎日が30度を超す日が続き、いやになる毎日です。2000メートルを超える大菩薩峠はついたときは気持ちがいいでしょうね。それにしても岩がごつごつの様子、中には半袖の方もいますね。18度ぐらいの気温でしょうか
弥次喜多日記
2018/07/12 23:02
弥次喜多日記さん有難うございます
このところ毎日暑いですね、又山に戻りたいようです。2000bの高さではとても涼しく気分良しと言いたい所ですが曇っており風が強く寒さを感じるほどでした。
長居はせず下山しました。
ミニミニ
2018/07/13 09:52
大菩薩峠は、意外に苦労なく行けるのですね
名前と標高からもっと難しい所かと思っておりました。
ちょっと、ふもとまでが遠いですが…
本読みと山歩き
2018/07/16 17:19
本読みと山歩きさん有難うございます
有名な山ですけど裂石からだと登り出がありますがここはファミリー向きとでも言いましょうかそれほどの登りもありませんでした。気軽に登れますね。
ミニミニ
2018/07/17 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
大菩薩嶺登山 ミニミニ放送局/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる